幸福の正体はドーパミン。映画「happy – しあわせを探すあなたへ」を見てわかったこと。

鳥居卓斗,コーチング,苫米地式コーチング,  苫米地英人,ルータイス,タイス式コーチング, 起業,うつ病, 精神病, 婚活, 名古屋駅, 六本木駅, カウンセリング,いじめ, www.tpie.jp おはようございます。 コーチングマイスターの鳥居卓斗です。 昨晩は、映画「happy – しあわせを探すあなたへ」を観ていました。 ドキュメンタリー映画です。 TSUTAYAさんの場合は、自己啓発コーナーに置いてありました。 映画の内容は、 監督が様々な国の人や科学者にインタビューをしながら”幸福とは何か”を探し出す話になっています。 日本の過労死などの問題や幸福度などについても多くの時間を割いて取り上げているので、「働きすぎてそろそろ精神崩壊しそうだ」というサラリーマンの人に特にオススメです。 私が特に面白いなと思った点は”幸福の正体はドーパミンが出ている状態だ”と映画内で結論付けていた点です。   「あなたにとって幸せとはなんですか?」と質問をすると様々な答えが返ってきます。 家族と一緒に過ごしている時、 昔から欲しかった車を買った時、 子供と遊んでいる時、 仕事をしている時、 美味しいものを毎日食べている時、 など、人それぞれ幸福の定義は異なります。 幸福の定義はバラバラで構いませんが、”幸福を感じている状態は脳内でドーパミンが活発に出ている時だ”と映画内で科学者に結論ずけられていたところが私にとっては一番面白かった点です。 家族と一緒にいる時になぜ幸福を感じるのかといえばドーパミンが出るからです。 昔から欲しかった車を買った時に幸福を感じるのはドーパミンが出るからです。 このように、何をしているときに幸福を感じるのか、 幸福を感じる具体的なアクションは人それぞれ違いますが、 幸福を感じるときは脳内でドーパミンが出ていることは共通です。 何をすれば脳内にドーパミンが出るかは人それぞれ違うとも言えます。 こう言われると、幸福の正体が漠然としたものが測定可能な科学的になったと思いませんか? 映画内ではもう少し具体的な幸福を感じるポイントを5つほど説明しています。 ”あれをやった幸福を感じる”という書き方ではなく、”コミュニティーに属しているとき”など少し抽象度が高い表現が使われているので、きっとあなにも当てはまることがいくつか出てくると思いますよ。 映画内では瞑想をするとドーパミンが出るなど、抽象度の低い具体的なアクションも紹介されていました。   私が行っているコーチングもこのドーパミンと、とても深く関係しています。 コーチングでマインドを書き換えると、日常生活の中でドーパミンが出る回数が増えます。 仕事をしている最中でもドーパミンを出すことが可能になります。 ゴールを達成する過程ですでにドーパミンが出るようになるので、 結果が出るまで行動し続けることができるようになします。 楽しいことなら続けられますよね? 色々なことがあ続けられないのは楽しくないからです。 ”夢を叶えるために努力はいらない”とたまに言うことがありますが、 ドーパミンが出た状態なのでクライアントは努力をしているという感覚ではなく楽しい、幸せ、面白いといった感覚になり、 夢を叶えるために必要なアクションを起こし続けることが楽しくてしょうがなくなります。 つまり、夢が叶ってから幸せになるのではなく夢に向かって走っている過程ですでに幸福を感じることができるということです。 コーチングはアメリカのトップ企業に導入されたことで社会に広がっていった経緯があります。 だからコーチング=ビジネス=お金儲けのために受けるものと思っている人がいますが、 実際はそうではありません。 元々、”コーチングはより豊かな人生を作るため”のものです。 一般の人よりも企業に導入したほうがコーチングのビジネス的に早いため、 たまたまビジネス界で有名になりその後一般に広がっていっただけであり、 元々はビジネスのためのものではなく一般消費者向けに作られたものです。 アメリカでは一般の人がコーチを一人付けることは当たり前になってきています。 何をしているときに幸福を感じるかは人によって違います。 コーチングを受けることでオリンピックで金メダルととったり、起業したり、もてたり、うつ病を克服したり色々なことができます。 でもそれは本当の目的ではないです。 最終的にはそういうことを達成してみんな”幸せになりたい”わけです。 洋服を買うのが好きな人は(僕もそうですが)、周りから可愛いねとか言われたり、異性にもてたりして、最終的には自分が幸せを感じたいからです。 服そのものを手に入れるのは幸せを感じるための過程にすぎないのです。最終的に手にしたいのは幸せなのです。 コーチングで”より豊かな人生を手に入れる”とはコーチングで”より幸せになる”ということです。 この”より”という言葉がとても重要ですあなたの今の現状も十分豊かであると、現状を肯定しているわけです。 だけどより豊かになろうぜ、より幸せになろうぜと言っているのです。 今のあなたが豊かではない、幸せではないからコーチングを受けて幸せになったらとはいっていません。 今のあなたも肯定しています。 すでに幸せだけどコーチングを受ければもっと幸せになれるよということです。 最後までお読み頂きありがとうございました。 コーチング・マイスター 鳥居 卓斗