「Hole理論」ができるまで① 生まれつき目が見えない人に海の青をどうすれば伝えることができるのか?

内山 和久
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、内山です。

今回から「Hole理論」がどのようにできたのか?という話を
シリーズでお伝えします。

それは弊社で行なった企業研修がキッカケです。

その研修は、
入社3年目までの営業マンを対象に
計5日間行いました。

その中に、AさんとBさんという
同じ大学を卒業した2人がいました。

2人は大学時代の野球部のチームメイトであり
よきライバル関係です。

さすがスポーツをされてきただけあって
爽やかで、とても頑張り屋の2人でした。

上司から期待も強く、
将来、リーダーになると思われていました。

5日間の研修を終えて・・・


Aさんはその年の社長を貰うほど
素晴らしい成績を収めました。

営業成績がナンバー1になった月が
いくつもあり、本人も強い手応えと
自分の成長を喜んでいました。

しかしBさんは、
なぜかコーチングの効果が全く現れません。

1対1のセッションも行っても
なぜか全く手応えがありませんでした。

もちろん、私の実力不足があったのは
間違いありません。


しかし・・・


それと同時に

「別のナニカがある」

と思いました。

これは1つの大きな違和感として
私の中に残ったのです。

プロ野球の世界では、負けた試合の後に、
各選手が「なぜ負けたのか?」という分析をします。

そして「次はどうすればいいのか?」と
色々と考えます。

現役時代のイチロー選手は、
ヒットを打てなかった理由を全て分析し、
「次はどうすればいいのか?」と解析したそうです。

それを全ての打席はもちろん、
1球1球すべて言語化できたそうです。

当然、私もプロとして、
クライアント1人1人に対して
「どうすればもっと良かったのか?」
分析し改善し、コーチングの腕を上げてきました。

ビジネスの世界で使われる
PDCAサイクルのようなものですね。

当然、Bさんに対してもPDCAを回したのですが、
その回答を述べることができませんでした。

どれだけ考えても分析できなかったのです。


そして、

「何か分かっていない謎がある」

そう感じました。


そして同時に、

「コーチングを進化させる大きなヒントがあるかもしれない」

そう直感的に感じたのです。


私は昔から感覚だけは優れていたので
直感を信じて行動することにしました。

そこから、
Bさんと1ヶ月に1度合わせていただき、
7ヶ月目にようやく「その謎」が分かりました。


それはBさんが「Hole理論」でお伝えしている
「サメタイプ」だったということです。


詳しくは「サメタイプ解説の回」で行いますが、

「サメタイプ」とは、
めちゃくちゃな家庭で生まれ育った人のこと。


「絶対に安心できない」


という「心の穴」を持っていて、
人間関係を築くのが苦手、
人との距離感が分からず、
親密な関係性を築くことが極端に苦手です。




その反面、独特な世界観を持っている
特徴があります。


一言で言うと
普通の人が見えない世界が見えているのです。


有名人だとスティーブ・ジョブズや
今年自殺した三浦春馬さんなど、
壮絶な人生を送る人に多く、
カリスマと呼ばれる人や
圧倒的な結果を出す人に多い傾向があります。

私の経験上、
経営者や著者、アーティスト、クリエイター、
個人事業主に多い傾向があります。

それでは、なぜサメタイプの人に
コーチングの効果がないのか?

それは「絶対に安心できない」という心の穴があり、
アイデンティティが不安定だからです。


私が広めていたコーチングは、
本当にやりたいこと(=ゴール)を
現状の外に設定することを推奨していますが、

それはアイデンティティが確立していることが
前提になっています。

なぜなら、本当にやりたいこととは、
「確固たる自分」が思うことだからです。


そもそも自分というものが
虚ろで、不安定であれば
『自分の』やりたいことが分かる筈がありません。



それは、

生まれつき目が見えない人に
海の青を伝えるにはどうすればいいのか?


この問いに答えるようなもの。

海の青と言ってそのイメージを共有できるのは
海を見たことがあるという前提があるからです。

海を見たことがある人でも
沖縄の綺麗な青い海を思い浮かべる人もいれば
日本海の荒々しい海の青を思い浮かべる人もいます。

その前提を共有できない場合、
前提そのものを変える必要があると思うのです。

私はコーチングを主軸にした
いわゆる自己啓発の世界で
2013年から活動してきました。

コーチングを受けたい、
コーチングに興味がある。

そうした人の多くは、
実は苦しい過去があり、
急に途轍もない不安に襲われたり、
存在していてもいいんだろうか?
と訳もなく自分を責めたり、
どうして人生ってこんなに辛いんだろう?

そう感じながら生きている人が
沢山いるということ。

私もコーチングで人生が
180度変わった人間として
ハッキリと分かることは、

人はいつからでも変わることができるし、
深い闇を持っている人ほど、
眩しいほどの輝きを秘めているということです。


今回は「Hole理論」に辿り着いた
最初の1歩をご紹介しました。

「Hole理論」では全16タイプに分けて
真のあなたの姿をお伝えしています。

まず、下記のタイプ診断をして見てください。

あなたのタイプが分かるだけでなく、
どうすれば幸福な人生に向けて進めるのか?
その具体的なヒントをお伝えしています。

10個の質問に答えるだけで分かる
タイプ診断
https://resast.jp/page/fast_answer/5926


次回もお楽しみに。


















この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記