本来あるべきあなたの人生を

ウンコにファブリーズ

内山 和久
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、内山です。



今日はいきなりウンコの話をします。



後で、「あーそういうことね!」と
分かって貰えると思うので
まずは読んでみてください。



もし、内山さんが朝、目が覚めた時
部屋の真ん中にウンコがあったらどうします?


今朝の話でもいいですよ?笑

出来立てホカホカのウンコが
元気に湯気を立てている。


まるで子象のような
デカすぎるサイズです。



家には内山さん一人。

まだ夢を見ているのかな?


そう思いますが、その直後、
すごいニオイが鼻を刺激してきました。


全く意味不明の状態ですが、
今すぐなんとかしなければいけません。


だって目の前に
我が家でくつろいでいるウンコがあるわけだから。


一体、どうなっているんだ!


そう、心で叫びながら、強烈なニオイの主を
処理する必要があります。



部屋のど真ん中にウンコがある状態で
一体、どこから手をつけるのか?



家には内山さんしかいないので、
誰かに電話をするかもしれません。


助けて欲しいですよね?
意味が分からないから(苦笑)



だけど、今の状況を解決するために、
ウンコにファブリーズをかけて
終わらせる人がいるでしょうか?



ファブリーズをガンガンかけて
ウンコを取り囲むように芳香剤を置いて
はい、終わり!


確かに、一時的に匂いが弱まるかもしれません。


しかし、これで一件落着!!
とはなりませんよね?


なぜなら、ウンコは確かにそこあるわけだから(苦笑)。


全然、部屋の真ん中に居座っているわけです。


ウンコに向かってファブリーズをかける。


ウンコはそのままで
ニオイが気になる度にファブリーズをかける。


これは完全に一時しのぎにしかなりません。


もちろん、内山さんもこんなことはしないですよね?


嫌だけどニオイの元を
取り除いて綺麗さっぱりトイレに流す。



ほとんど人がこうすると思います。



だけど、自己啓発業界には、
ウンコにファブリーズを推奨する話が
めちゃくちゃ多いと言えばどう思いますか?



例えば、今年大ヒットした
HSP(とても敏感な人)の本では・・・


世の中には、とても敏感な人がいて、
敏感に感じるのは1つの才能だから
無理に変える必要はない。


その繊細さを大切にして生きていきましょう!


そういうことが書かれています。


確かに、その通りの内容です。


特に繊細な人は、この本を読んで
「あー自分はHSPだったのか!」
と深く共感はすることができるでしょう。


今まで悩んできたことが、

「自分はHSPだから仕方がない」

そう思って少し心が軽くなるかもしれません。


だけど、だけど、です。


HSP系の本を読んでも
ハッキリ言って問題は解決できません。


なぜなら、HSPの本には
ウンコにファブリーズをかけましょう!
としか書かれていないからです。



例えば、物音が気になる人は
それは生まれ持った才能なので
どうしても気になる場合は、
ノイズキャンセルのイヤフォンをつけてください。


とか、


なかなか眠れない人は
それは生まれ持った才能なので、
アイマスクをしてください。


とか、


世の中には鈍感な人がいるから
それを知るだけでも気持ちが楽になります。


とか。


確かに、一時的には効果があります。


だけど、それらは本質的な解決にはならず
ウンコにファブリーズをしているだけです。


なぜなら、何かが気になった時に
こうしてください!という対処療法しか書かれていません。


平たく言えば、
気にならない環境を作ってくださいね。


という感じ。


例えば、卵アレルギーの人に
卵の味がダメだったら、
ニンニクを沢山つけて食べればいいよ!と言っても

食べれば、
卵アレルギーが出ますよね?



HSPの最大の問題は、
『HSPは生まれ持った才能なので変えられない』
というスタンスを取っていること。


つまり、よくならないので
何とか誤魔化してやっていきましょうね?


ずっとファブリーズをかけ続けてください。


という、
身も蓋もないことを言っているわけです。


確かに、
先天的に音や光に敏感ということが
あるという事例は報告されています。


だけど、HSPの特徴と言われている

1.自己肯定感が低い

2.人の態度が気になって仕方がない

3.相手に過剰に反応して疲れやすい

この3つも先天的だというのは
拡大解釈も甚だしいと思います。


HSPは全人口の5人に1人と
言われていますが、
生まれながらにして
自己肯定感が低い赤ちゃんを見たことがない。


生まれながらにして
親に反応しすぎて疲れる子どもなんて
どこにいますか?


と俺は思います。


子どもは逆で、
人生に大切なモノは全て持って生まれてきます。


それは

自信であったり
人を信頼する気持ちであったり
世界を信頼する気持ちや
未来を信頼する気持ちなど。


全てのものを持って生まれてきます。


自分が大好きで、周りを信頼して
未来も信頼しているから
あんなにキラキラした瞳を持っているわけです。


しかしHSPでは、
人に合わせすぎて疲れるのは
生まれつきでこの先もよくならない。


だから、気の合う人たちとだけ
一緒にいましょう。


それって完全に
ウンコにファブリーズだと思います。


これからはこうした対処療法を、


TUF。


とりあえずウンコにファブリーズ
と呼びましょう(笑)



俺が言いたいことは
HSPの多くの人は先天的ではなく
後天的にできたもので
よくなる!ということ。


その方法が今、広めている「Hole理論」です。


HSPで悩んでいる多くの人は
「Hole理論」でお伝えしている
心の穴がある状態です。


たとえば、HSPの特徴である


人に合わせすぎて疲れる。
自己肯定感が低い。
相手のちょっとして態度が気になって仕方がない。

などなど。


これらは全て「心の穴」と
直結しています。



今、広めている「Hole理論」は
ある一人のサメタイプの人と
出会ったことからスタートしました。



当時は、コーチングの効果が
全くない人がいることに驚きました。



パーソナルコーチングをしても
コーチングのワークをしても
手応えが感じられない。


少し変わったと思っても
その効果が決して長続きしません。


そして、その彼も

人に合わせすぎて疲れる。
自己肯定感が低い。
相手のちょっとして態度が気になって仕方がない。


こうしたHSPの特徴を持っていたのです。



サメタイプの人はとても勉強熱心で
色々な本を読んで勉強し
様々なセミナーにも参加して
ワークを沢山してきていることが多いですが、
それらは残念ながら対処療法で
根本的な問題解決には至りません。


その後、多くのサメタイプの人と
出会って分かったことは、彼らの多くが、


『もしかして私は何をしても変わらないんじゃないか?』


と絶望し、非常に辛い思いをしているということ。



めちゃくちゃ過酷な人生を歩まれているわけですね。


そうした人を応援したい!と思い
今年最後のセミナーを今夜9時から開催することにしました。


タイトルもズバリ!

『サメタイプ応援セミナー』


今回のセミナーはタイトル通り
サメタイプの人を応援するものです。


特に厳しい心の穴を持っている
サメタイプの人を応援するために
今年の最後に開催する事にしました。


もちろん、サメタイプ以外の方も参加できますが、
サメタイプの人はぜひ時間を作って参加してください。

あなたのタイプ診断はこちらからできます。
https://resast.jp/page/fast_answer/5926




12月20日(日)
21時から60分程度

参加費は無料です。


申し込みはこちらから
https://bit.ly/3owQi7Y


追伸 新スクール詳細動画限定公開中!


来年から開催するCEのスクールについて
動画で解説をしました。

CEスクール詳細

https://vimeo.com/490337949/8bd2e52040スクール説明会のスケジュールはかなり埋まってきているのでお早めにどうぞ。

無料個別説明会はこちら。
https://bit.ly/2JvBAPA

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生を変えるキッカケblog , 2020 All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記