Hole理論コーチング  ここが自分の居場所だと思える人生へ

コーチ起業が成功する見極めポイント

コーチングスクール

こんにちは、内山です。

2015年からコーチングスクールを主催し
これまで多くの人をサポートしてきました。

現在、認定コーチの約7割が
プロコーチとして活動中しています。

これまでの経験を踏まえ

コーチ起業で
成功する人と失敗する人の違いが
1つあります。

コーチ起業で成功する見極めポイント

これまで200人程度のコーチを
サポートして分かったことがあります。

それは、

500円の無形サービスを会ったことがない人に売れる人はコーチとして成功する。

という法則です。

どういうことか説明します。

まず「無形サービス」とは形がない商品
セミナーやコーチング、電子書籍など。

こうしたサービスを
SNSやブログを通じて
会ったことがない人に売れる人は
コーチ起業で成功できます。

これは

「たった500円でいいんですか?」

「え!それは難しそう!」

こうした意見に大きく分かれます。

会ったことがある人であれば
お友達のよしみで500円くらいのサービスを
買って貰えることもあります。

しかし、会ったことがない人は
そんなお情けはくれません。

もし、あなたが
セミナーや電子書籍、音声教材など
500円以上の無形サービスを買った経験があれば

そのコーチはきっとプロとして
独立されている人だと思います。

コーチ起業で成功する分岐点

これまで多くのコーチをサポートしてきて分かったことは

500円以上の無形サービスを
会ったことがない人に売れる人は
月収100万円以上、
年収ベースで1000万円以上になることができます。

逆に500円の無形サービスを売れない人は
コーチ起業では上手くいきません。

時間労働で500円を稼ぐことは
誰でもできますが、
何もない所から人に信用して貰って
無形サービス売ることはとても難易度が高い。

それほど500円という価格は
大きな力を持っています。

その分岐点を明確にすると

1.有料であること(500円以上)
2.会ったことがない人に売れること

です。

この2つがクリアできた人は
これまでの経験上、
コーチ起業で成功しています。

ここに至る道のりは

何もない所から無形サービスを販売するため

  • 新しい情報を習得
  • 人の役に立てるコーチングスキルの習得
  • ライティングスキルの習得

この3つが必要です。

しかし、気をつけないといけないことは
ライティングスキルさえあれば
500円ではなく100万円以上の
無形サービスを売ることも可能になること。

ここで人のお役に立てるスキルがなければ
ただの詐欺商品になるため
気をつける必要があります。

逆に・・・

人のお役に立てるスキルが伴っている場合、
それは絶対に売らなければいけません。

なぜなら、売れば売るほど
人のお役に立つことができるからです。

活躍すればするほど
人のお役に立ち
社会をよくすることができる。

人のお役に立ちたい。
世の中をよくしたい。

高い志やゴールがあって
行動していく人には
必ず道が開きます。

だから、素晴らしいスキルを身につけた人は
恐れずに行動する必要があります。

人は実践するからリーダーになり
そして実力もついてくる。

ゴールだけで行動しないと
結局、何も変わらないまま。

だけど行動した人は
そこから何かを学び成長し
世の中のお役に立つことができます。

今日の話が参考になれば幸いです。

こちらの記事もオススメです。

コーチング会社社長がコーチ資格は必要ないと断言する理由