本来あるべきあなたの人生を

メンタリストDAIGOと村八分という文化

内山 和久
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

メンタリストDAIGOが差別的な発言をして炎上しました。

彼の発言内容はよくありませんが、1つだけ気になることがあります。

それはこうした炎上騒ぎがある度に、
チャレンジを断念する若者が出ることです。

なぜなら、チャレンジするかしないかを迷っている時に、
好きな有名人が炎上して謝罪している姿を見れば、

「やっぱりやめておこう!」

となる人がいてもおかしくないからです。


日本は昔から「村八分」という言葉がありますが、
何か失敗した人やルールを破った人を
村人全員で袋叩きにする習慣があります。

これってスゲー怖い習慣だと思うんですね(苦笑)

平たく言えばリンチなわけです。


しかも、今はネットが当たり前の時代で、
村八分ではなく国八分に昇格し、
正義の名の元、バスターコールが発動され
集中砲火を浴びることになります。


さらに、攻撃を受けている人がいると、
「今がチャンス!」とばかりに
日和見の人たちも参戦して、
ヒコヒコになるまで砲台が火を吹き続けます。


相手が許してください!と本気で頭を下げると、
戦艦部隊は、また次の標的を探しに出かけるのです。


つまり、今はDAIGOの番なだけで、
その前にはこのバスターコールを受けた人は
沢山いるのはみなさんご存知の通り。


今はYouTubeで頑張っている宮迫さん然り、
乙武さん、ベッキー、古くはSTAP細胞の人まで
叩かれた人は数え切れません。


もちろん、賛否両論ある人たちですが、
直接、被害を受けたわけでもない人達が
精神崩壊するまで叩く必要なんてないと思います。


特に今はコロナの影響もあり、
国民のストレスレベルが高くなり、
ストレスの捌け口として、


誰かの欠点を見つけ、その欠点を理由に
その人を攻撃する傾向が強くなっているように感じます。


この投稿で若者に言いたいことが1つあります。


世の中には、匿名で自分は安全な場所にいながら、
弱っている人を叩く大人が沢山います。


「これは誇らしい行動なのか?」と言えば
彼らも誇らしいとは思っていない筈です。


少なくても自分の子どもに対して、
胸を張って言える行動ではない筈です。


自分の子どもに対して、父さんはなー、
今はDAIGOを徹底的に叩いているんだよ!

今日も匿名掲示板に沢山書いてやったぜ!

あいつの生放送でもサブ垢で文句を言ってやったんだ!

俺はスゲーだろ!


こんな父ちゃん嫌でしょ?(苦笑)


俺は写真みたいな彼の姿は見たくないよ。


俺たちが子どもに見せたいのは、
どちらかと言えば、
勇気を出してチャレンジしている自分の姿だと思うんだよね。


だから、有名人が集中砲火を浴びていても、
ビビりながらでもいいから
一歩前に進んでみて貰えれば嬉しいです。


昔、クラーク博士が「少年よ大志を抱け」と言いましたが、
コロナの暗い時代だからこそ、
大使を抱く大切さが高まっていると感じています。


では!

この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生を変えるキッカケblog , 2021 All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記