本来あるべきあなたの人生を

人はどんな嘘でも信じられる生き物

内山 和久
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

昨日、コーチングでは大きなゴールは必要ないという話をしました。

こうした話をすると必ず「信じられない」という人が出てきます。

「内山さん分かってないですね?」と言われたりするわけですが、これはとても自然な反応なので、何を信じるのかは自由です。

そして俺は別に「説得したい」とは思っていません。

信じてもいいし、信じなくてもいい。
なぜなら人はどんな嘘でも信じられる生き物だからです。

サピエンス全史のハラリ博士によると、ホモ・サピエンスが地球の覇者になった大きな理由として、「虚構を信じて突き進めるのはホモ・サピエンスだけ」という話をしています。


我々の祖先はある大きな虚構を信じ、そしてネアンデルタール人やクロマニョン人などの種族を滅ぼし、地球の覇者になったと主張しています。

虚構というのは、事実ではない、つくりごと、という意味ですが、我々、人類はどんな『作り事』でも信じて突き進むことができます。

平たく言えば、どんな嘘でも信じることができるわけです。

嘘を信じている?そんな訳ないでしょ?

そう思われるかもしれません。

まず、人類の歴史をみれば、何度も戦争を起こし、実際に数えきれない人を殺してきたという事実があります。

その対象が、ネアンデルタール人やクロマニョン人だったとしても不思議ではありません。

さらに歴史をみれば、ユダヤ人の大虐殺、奴隷制度、原住民の虐殺、宗教戦争など、どれも虚構が原因となっていることが分かります。

例えば、ユダヤ人の大虐殺であれば、ゲルマン民族は世界最高の民族で、ユダヤ人は悪の民族である。だから皆殺しにしなければいけない!という虚構です。

そして600万人ものユダヤ人が実際に殺されました。

もう少し別の世界に目を向けると、処女の母親から生まれた子どもが、水をワインに変えた。

そして人類の罪を背負って身代わりになって磔にされた。

そして3日後に復活した。だから、我々、人類は神に祈りを捧げなければいけない。

こうした虚構を20億人もの人が信じています。

そして今でも、ワインとパンは彼らにとって特別な意味があり、毎週、日曜日にミサに行ったり、毎日、神に祈りを捧げています。

そんなことは昔のことでしょ?と思われるかもしれませんが、例えば現在もコロナワクチンの問題で、ワクチン接種派、反ワクチン派に別れて自分たちが正しい!と言い合っている人もいます。

ワクチンを接種したら、5年後に死ぬ、ワクチンを接種したら、金属が身体にくっつく!人類削減計画だ!と信じている人もいます。

確かにこれは真実かもしれないし、虚構かもしれない。

世界の人から日本を見れば、目上の人には敬語で話さなければいけないことは意味不明ですが、俺たちはこうした虚構になんの疑問も持ちません。

どちらかと言えば、外国って敬語っていう文化がないんだー!程度。


お盆には実家に帰って墓参りをし、土用の丑の日はうなぎを食べる、クリスマスはチキンとケーキを食べ、正月にはお年玉を貰う、結婚指輪は給料の3ヶ月分で、仕事ではスーツを着ないといけない、こうしたことを1つ1つあげていけば全て虚構にたどり着きます。

つまり何を信じてもいいわけです。

俺が思うことは、何を信じることも自由だけど、信じる者が実際に救われるのか?、もう少し具体的に言えば、信じた先に『幸せ』があるのか?です。


例えば、受験勉強を頑張ってきた人たちが信じていたことは、必死に勉強を頑張れば幸せになれるでしょう。


勉強を頑張って、いい大学に入り、いい企業に就職して、そこで一生懸命頑張れば、幸せになれる。

そう信じて頑張ってきたわけですが、実際、それで幸せになれている人はどれくらいいるのか?


キリンビバレッジが取ったアンケート調査によると、日本人が夢を諦める平均年齢は24才です。つまり就職した2年目に夢を諦めています。


必死に勉強を頑張れば幸せになれる。

これも虚構の1つ。


そして、夢を諦め、心を痛みを感じた人たちが自己啓発セミナーやスピリチャルセミナーに参加して、また次の虚構を信じるようになるわけです。


コーチングでは大きなゴールを設定すれば幸せになれるだし、スピリチャルの世界では、宇宙にオーダーすれば、どんな願いも叶えられる。


人間はどんなことだって信じられる。

だけど、大切なことはそれらの虚構を信じて、本当に幸せになっていますか?といこと。

大きなゴールを設定すれば幸せになれる!というのも自由だし、いやそうじゃないでしょ?というもの自由です。

どんな考えがあってもいいし、人はどんな虚構を信じても構わない。


信じることで救われる人もいるし、何を信じるかでエネルギーも湧いてきます。


何も信じられないのは不幸だし、何を信じれば「幸福になれるか?」
それは人それぞれ違うし、何を信じても構いません。

では!

追伸:俺が信じている虚構は「Hole理論」という宗教で、人が幸せになれないのは「心の穴」があるからと考えます。そして「心の穴」を埋めることで、幸せな人生に近づけるという信仰です。

簡易版のタイプ診断を貼っておくので、やってみてください。10個の質問に答えるだけで、あなたのタイプが分かります。

あくまでも虚構なので、信じるのも自由だし、信じないもの自由です。

https://resast.jp/page/fast_answer/5926

この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生を変えるキッカケblog , 2021 All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記