本来あるべきあなたの人生を

新シリーズVol.8 サナギから蝶になる秘訣

内山 和久
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、内山です。



前回、『グレート・リセット』について書いた所、


とても勉強になりました。
もっと知りたいというメールを頂きました。



このシリーズでは、

ずっと自分を変えたい!と思っているのに、
なかなか変わることができない!

時間だけが無駄にすぎている・・・


と感じている人に向けて書いています。



自分を変えるために
沢山、本を読んで勉強をしてきた、
セミナーにも参加してきた。


だけど、なかなか変わることができない。



気づけば5年、10年、
ずっと今の状態が続いている。


こうした人生の停滞期のことを
『サナギ期間』と呼んでいます。




この期間は、本物のサナギと同じで、
身動き一つ取れません(苦笑)


時間ばかりが過ぎていきます。


どれだけ風が吹いても、大雨が降っても
強い日差しでも、大雪が降っても、
近くに雷が落ちても、捕食者が近づいてきても
その場所から動くことができません。


焦るばかりで、変わることができません。



しかし、サナギは
蝶になるために必要な期間。



サナギをすっ飛ばして
蝶になることができないわけです。



つまり、必要なステージだということ。


ちなみに、俺自身も会社員時代に、5年以上、
停滞期があり、もがき続けていました。


俺はサナギから蝶になるということは、
『本来の自分』になるということだと思っています。



そもそも、変わりたいのに、変われない
と感じているのは、
それは偽りの自分だと分かっているからです。

 

今は本来の自分ではない。


だから、変わりたいと思っている。


こういうロジックが成り立っています。


ここから『本来の自分』とは何か?


という話をします。



このシリーズの前半で、
『マインドの5つの階層』について書きました。


第1層は『思考』
第2層は『信念』
第3層は『本能』
第4層は『心』
第5層は『真理』


詳しくはこちら
https://bit.ly/3dpFyVb





本来の自分とは、


第五層から第一層までを
一直線上に並べた状態のこと。


木に例えると、

根が土から正しく栄養を吸収し、
幹を太くし、枝葉を育てるイメージです。




これが自然の法則に従った
生物や植物の在り方。







逆に、本来の自分ではない状態とは、


根が土の栄養を吸収していない。
もしくは根から幹に栄養が伝わっていない。



このようなイメージです。


これがサナギ期間の本質にあり、


頭では「自分を変えたい!」と思っているのに
心の領域と上手く繋がっていないため
エネルギーが循環せずに停滞してしまいます。



本来の自分とは、


第一層の思考の領域から
第五層の心の領域までが一直線上に繋がっている状態。




一人の人間の中で、一本の筋が通っていて、
どこかで詰まったり、遮断されていたり
分岐をすることがありません。



詰まりがある。
遮断されている。
分岐している。


これはどのような状態なのか?



具体的に言いましょう。



例えば、素敵な異性に出会ったとします。


とても理想的な人で、
声をかけたいと思う反面、
嫌われたら怖いと感じて声をかけられない。



こうした状況が分岐している状態です。



なぜなら、一人の人間の中に
相反する意見がぶつかっているからです。



木でいえば、
ちゃんと土に根ざして、
根が栄養を吸い上げ、
太い幹が枝葉に栄養を行き渡せる。



これが一直線上に繋がっている状態です。



以前、「ラピュタ」こんなセリフがありました。


「土に根をおろし、風とともに生きよう。
種とともに冬を越え、鳥とともに春を歌おう。

どんなに恐ろしい武器を持っても、
たくさんの可哀想なロボットを操っても、
土から離れては生きられないのよ」


by シータ





もし、あなたが一本の木だとすると、


土から離れていたら枯れてしまいます。

そして根が枯れていたら、上手く栄養を吸収できません。


変わりたいのに変われない
サナギ時期もこれと同じで、
土か根か幹に何かしらの原因があります。



その原因は人によって違い、
それを解明するためには
直接、あなたと話す必要があります。



これまで多くのクライアントと接してきて分かったこと、
そして俺自身、サナギの期間を経て分かったことは、

枝(=信念)と葉(=思考)が
直接の原因であることはほぼありません。


ほぼ全てのケースで、

幹=本能、根=心、土=真理

に根本的な原因がありました。




つまり、この詰まりを取り除いて上げるだけで
一気に別のステージまで成長できます。




例えば、以前のクライアントで
10年以上前から色々な自己啓発を学び
総額で1000万円以上自己投資してきた
Bさんがいました。


しかし、それだけ投資しても
Bさんは変わることができませんでした。



Bさんは「Hole理論」でいえば
ヒツジタイプの人で、
非常に責任感がある真面目な人です。


仕事では率先してサービス残業をし、
休日出勤もされていました。



※タイプ診断はこちらから

10個の質問に答えるだけで
あなたのタイプが分かります。
https://resast.jp/page/fast_answer/5926



これまで多くのことを学んできましたが、
それでも自分のやりたいことが分からない。



ずっと自分を犠牲にして
働き続けてきました。



変わりたいのに、
変わることができない。


そんな期間が10年以上続いていました。



そんなBさんは、初回のセッションで、
声をあげて大号泣しました。

セッション時間の8割は泣いていて
何も話せない。



そんな状態のセッションでした。


しかし、その大号泣がBさんの
グレート・リセットとなります。



大号泣したにも関わらず
その日の夜は爆睡し、
10時間以上寝たそうです。



そして次の日の朝。



今までと違う感覚があったそうです。



それは実に清々しく、
エネルギーに満ちている感覚。


今まではどれだけ寝たとしても、
身体が重く、すぐにベットから起き上がれませんでした。



しかし、セッションの次の日の朝、
今までとは違い、身体が軽く
すっと起き上がることができたそうです。


そして1本の筋がスッと通った感覚がありました。



今までは、他人の顔色が
気になって仕方がありませんでしたが、
その日から他人の顔色を伺うことがなくなったそうです。




いつも心穏やかで、生きる余裕が出て、
次第にやりたいことも見えました。




半年間のセッションが終了した後、
Bさんが話してくれた
言葉がとても印象的でした。



『最近、思ったことがあります。』


『それは、ここ最近、
生まれてはじめて生きてきてよかった、と
心から思えるようになりました。』


『今まで、ずっと苦しかったけど、
その苦しいという感情さえ
抑え込んでいることに気づきました。』


『今は毎日が充実していています。』


『本当に諦めなくてよかった。』


そんな、話をしてくれました。



Bさんは、10年以上
変わりたくても変われない状態が続いてきましたが、
1回のセッションで大きく変わり
今ではコーチとして活躍しています。



グレート・リセットは、
誰にでも訪れるものではなく、
引き起こすもの。


そして、それは特別なことではなく
どこかの詰まりを取り除いてあげるだけです。



グレート・リセットの本質は、
サナギ期間に溜めたエネルギーの解放であり感情や感覚の解放でもあります。



今日から4月。



今月、グレートリセットをテーマにした
セミナーを企画しています。


かなり面白い企画になると思います。



特に、長年変わりたいと思っていて
時間だけが無駄に過ぎていると感じている人は
楽しみにしていてください。


色々、勉強をしてきた人。
セミナーにも参加してきた人。


だけど、なかなか変わることができない人。


ぜひ、セミナーでお会いしましょう!


ちなみにエイプリルフールの嘘ではありません(笑)



では!



感想や質問があれば
以下のアドレスまでお送りください。


とても楽しみにしています。

info@c-efficacy.com

この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生を変えるキッカケblog , 2021 All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記