あなたの「独自の世界観」を発揮する

内山 和久
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、内山です。

今回、お伝えしたい内容は2つあります。

前半は

「人のタイプは途中から変わるのか?」

という話をします。


この話は、ネガティヴだった人がポジティブになるのか?
といった表面的な内容ではなく、
人の本質は変わるのか?という話をします。



後半は

「エピソード2の人生とは具体的にどんな人生か?」

です。


「Hole理論」では、人は必ず
辛くて厳しいエピソード1の人生から
本来あるべきエピソード2の人生に進む
とお伝えしていますが、


具体的にエピソード2の人生ってどんなの?という話をします。




まず、
「途中からタイプは変わることがあるのか?」
という話から。


前回、サメタイプの学生時代は5つのタイプに分かれる
という話をしました。


すでにタイプ診断で「サメタイプ」という診断が出ている方から、
確かに当てはまっているというメッセージを頂いています。

前回のメルマガはこちらから
https://bit.ly/3lJWkkA

しかし、一定数の方からこんな質問をいただきました。


それは・・・


タイプ診断ではヒツジタイプや狼タイプ、
ハリネズミタイプだったのに、
学生時代の私にぴったり当てはまります。

この場合、どのように考えればいいでしょうか?




質問の主旨としては、
「タイプ診断の内容と体験してきたことが異なる」
というもの。


まずタイプ診断は、
10個の質問に答えていただくだけの
簡易的な診断のため、
診断結果がズレてしまうことがあります。


正式なタイプ診断は、俺が直接していますが、
毎月キャンセル待ちが出ているので、
ほぼ募集をしていません。

ここでお伝えしたいことは、
タイプ診断は結果がズレることがあるので
タイプ診断レポートの各タイプの内容や
このメルマガの内容を読んで
あなたの状況と照らし合わせてみてください。



先に答えをお伝えすると、

タイプが変わることは基本的にありません。

同じタイプの中で、
エピソード1の人生からエピソード2の人生
に進みます。


ヒツジタイプの人であれば
エピソード1のヒツジタイプから
エピソード2のヒツジタイプに進化するというイメージ。


漫画で説明すれば
ルフィがギア2→ギア3→ギア4と進化するように
ゴム人間というベースは変わることはありません。


パラミシア系からいきなりロギア系にはならない。

サメタイプの人であれば
エピソード1の人生は、ほぼ例外なく、
めちゃくちゃ辛くて厳しいものになります。


これは先日までシリーズでお伝えしてきた
小林麻耶さんや麻央さんなどと同じ。
今年であれば自殺された三浦春馬さんも同じです。

しかし、サメタイプの人は
必ず独特の世界観を持っています。


人が見えない世界が見えていたり
独自の世界にアクセスできるので、
エピソード2の人生に進むと
その能力や才能が開花していきます。


その結果、社会に大きな価値を生み出しながら
幸福な人生を歩めるようになります。


その姿こそ、ずっと言い続けている

「本来のあなた」の姿。


そして、それこそが、
本来あるべきエピソード2のあなたです。



その状態とは、

「好きなことをしながら、人から感謝される人になっている状態です」


下の図はスペインで出版された
「IKIGAI」という著書で使用された図です。

(CEでは昨年のスクールから使用しています)


この本の著者によると
4つの円が全て重なる部分が「IKIGAI=生きがい」と定義。


全ての円を紹介すると、

1つ目の円は「得意な事」

2つ目の円は「好きな事」

3つ目の円は「世界が求める事」

4つ目の円は「稼げる事」


あなたは現在、いくつの円が重なっていますか?

「好きなこと」と「得意なこと」が重なっているので、
「情熱」は持っています。


情熱があるからアルバイトも頑張れるし
極貧生活でも頑張る力がある。



しかし、「世界が求めること」と「稼げること」
が除外されているので、
いつまで経っても貧乏なままです。



その生活が長くなり、年齢を重ねてくると
「自分は世界から求められていないかもしれない」
そうした不安を抱えることになるかもしれません。


こうしてメジャーデビューを諦めた人、
俳優になることを諦めた人、
お笑い芸人になることを諦めた人を
今まで沢山みてきました。


これは非常に残念ですが、
世界にはこうした残酷な一面があるのも確かです。


さらに現在は、コロナの影響もあり
こうした若者が苦境に立たされています。




彼らの1つ上のステージは、
「好きなこと」と「得意なこと」と
さらに「世界が求めること」が重なっている状態。


この状態は、情熱を持って活動し、
世界から求められていますが、
応援してくれる人が少ないため、
ずっと貧乏な状態が続きます。


つまり、「稼げること」の円が除外されています。



情熱があって、世界が求めているのに
なぜお金にならないのか?


少し不思議に感じることもあるかもしれません。



例えば、俺の場合、
東京で保育園を2園やっていますが、
正直、儲かるような仕事ではありません。


俺の気持ちとしては「幼稚教育」が
人生の教育の中で「最も大切である!」
という信念は今も全く変わりません。


しかし、社会の構造的に
保育園業界の構造自体に
無理が出ています。


上記の円でいえば、
好きなことだし、得意なことだし、
もちろん世界からも必要にされているけど、
だけど儲からないということが実際にあるわけですね。



特に実際に働いてくれる保育士さんは仕事が大変なのに
給料が安いという状況に陥ってしまうのは、
構造上の問題です。


なので、この状況を変えるためには、
構造そのものを変えるしかありません。


今はそのための色々と行動をしたり
複数の会社を経営したりして
バランスを取っているわけです。


もし、あなたが情熱もあり、
世の中から求められているのに、
金銭的に豊かにならない場合、
それは構造そのものを変える必要があります。


つい、先日、こんなことを経験しました。


それは、大好きな久米島に行った時のこと。




久米島は何もないのが良い場所なのですが、
そんな場所でも繁盛しているお店もあれば
コロナの影響で閉店してしまったお店もありました。


ホテルも景気のいいホテルもあれば
同じグレードのホテルなのに、
明らかに経営がヤバそうなホテルもありました。





その天国と地獄を分かつものが
4つの円に隠されています。


これは何も飲食店やホテルだけでなく
コーチも同じです。

俺は4〜5年前から
資格に頼っているコーチは活躍できない!と
言い続けてきました。


〇〇認定コーチという売りしかない時点で
終わっている!と言ってきたわけです。



そして、実際、昨年くらいの動きを見ると
資格に頼っていたコーチはほぼ全滅しました。


まさしく壊滅状態です。



俺はずっと、コーチは資格ではなく
あり方が大切だと言い続けてきました。




人は必ず、独特の世界観を持っています。


ただ、その世界観(能力や才能)に
なかなか、気づけないだけなんですね。


その世界観を発見すれば
とても楽に進んでいくことができます。


あなたは4つの円のうち
いくつ重なっていましたか?


その4つの円を全て繋げるのが
内山さん独自の世界観です。


それは必ず存在しています。



独自の世界観を見つける方法に興味がある人は、
コーチに特化した内容になりますが、
無料セミナーを近日中に公開します。



特に、コーチの世界に興味がある人や
すでに活動が厳しいというコーチは
こちらに登録しておいてください。

https://resast.jp/subscribe/29372/1226549

※以前、CEスクールメルマガに登録してくれた人は
再登録ができないので、そのままで大丈夫です。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記