本来あるべきあなたの人生を

エネルギーの循環

内山 和久
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら


こんにちは、内山です。



植物を育てるのは
子どもの非認知能力を育むために
非常に有効という研究結果があります。


そこでうちの家では娘と一緒に
植物を育ててきました。



夏が近いということで
今回はヒマワリを育てることに。



ホームセンターで
大きめの鉢と、土を買い
ヒマワリの種を埋めました。

数日後・・・



娘が朝、ベランダに出てみると
とても可愛い芽が出ていました。



それを見て大喜びする娘。


「パパー!どうして、種から芽が出るの?」



と聞いてきました。



そこで、


まず、種っていうのはねー
まだグーグー寝ている状態なんだよね。



だから種さんは全然動かなかったの。



その種さんを土に埋めて、水をあげたでしょ?



そしたら種さんが目を覚ましてくれたんだよ。



そして「よく寝たー!」と言って
芽が出てきたんだよ。



と答えました。



それじゃー
お水をあげないと起きてくれないの?


と聞くので、



そうだねー、お水を上げないと起きてくれないね。



と答えました。


ちなみに、ヒマワリの発芽条件は3つあって
気温、光の遮断、水です。



1.気温


20〜25度の気温が適切。

2.光を遮断する


土に埋め光を遮断してあげる


3.水


適度な水が必要




この3つすべてが揃った時に
ヒマワリの『発芽スイッチ』が入ります。



ここからエネルギーの話をします。



『種』をエネルギーの観点で考えると
どうなるのか?



それは『エネルギーが充電されたモノ』のこと。



エネルギーは確かに蓄積されていますが
そのエネルギーは停滞していて流れがありません。



これが『種の状態』です。



種とは、ある意味、電池と同じで
エネルギーが充電された状態であること。



電池もエネルギーが充電された物ですが
電池だけでは使い道がありません。



なぜならエネルギーの流れがないからです。



しかし、電池をリモコンに入れることで
エネルギーの流れができます。



すると、その効果が発揮されるわけですね。




植物の種もこれと同じで
種はエネルギーの塊ですが
種のままだと何の変化もありません。



種のエネルギーに流れを起こすのは
『ある条件』を満たす必要があります。



ヒマワリの種の場合であれば、
適切な気温の時期に
種を土に埋め、水を与えることが
発芽の条件です。


この3つの条件を満たすことで
エネルギーの流れができて発芽します。



ちなみにこれを『発芽スイッチ』と呼びます。



気温が低いとその条件を満たさないし
適温でも土に埋めないと条件を満たさないし
適温で土に埋めても、水がなければ
条件を満たしません。



3つの条件が全て揃うことで
エネルギーの循環がはじめて起こります。




エネルギーの循環とは
リモコンに電池を入れるのと同じ。



リモコンだけだと
エネルギーの循環は起こらないし


電池だけでも
エネルギーの循環は起こりません。



リモコンと電池が一緒になるという
条件を満たすことで、はじめて
エネルギーの循環が起こります。



で、これは人も同じです。



ここから今日の本題です。



長い人生の中には
変わりたいのに変われない
『サナギの期間』があります。



これは種や電池と同じ状態。



サナギの期間の特徴は、

1.  頭では変わりたいと思っているのに
      何をしていいか分からない。

2.  行動をしても裏目に出る。または結果に繋がらない。

3.  時間だけが無駄にすぎていく気がする
  5年くらいあっと言う間にすぎてしまう。

4.  変われない自分を責める

5.  他人と比較して置いてきぼりにされている気がする


です。




ポイントは、頭では変わりたいと思っているのに
一向に変われないこと。


そして無駄に時間ばかりがすぎてしまうことです。



例えば、


・会社を辞めて起業したいけど、その勇気が出ない
・いつも漠然とした不安がある
・素敵なパートナーと結婚したいけどできない
・何がやりたいのか分からない
・いつも自分を責めてしまい辛い


など。



サナギの期間は、種と同じで
『ある条件』を満たしてあげることで
スイッチが入り、蝶に変化します。



今月の頭に実施したGW限定企画で
3日間で33人の方とセッションをしました。



申し込んでくれた方
ありがとうございました!


まだどこかでお会いしましょう!




33人と話してみて分かったことは
殆どの人が「変わりたいのに変われない」
という悩みを持たれていたこと。



つまり『サナギの期間』だったわけですね。



もちろん、セッションに参加してくれた人は
それぞれ経験も違うし、価値観も違うし
年齢も性別もバラバラです。



具体的な悩みもそれぞれ違いました。



サナギの期間は
人生の谷とも言える苦しい時期ですが
谷を経験したら後は登るしかありません。



サナギはいつか蝶になり
必ず自由に羽ばたくことができます。




サナギから蝶になるキッカケは
人によって異なりますが、


ポイントは『エネルギーの循環』を創ること。



これは先ほどお伝えしたヒマワリの種と同じで
『条件』を満たしてあげればいいわけですね。




先ほど、ヒマワリの種が発芽するには
3つの条件が必要だと言いました。



「土に埋めること」、「温度」、「水」



この3つが揃った時に
はじめて種は発芽をします。



カチッとスイッチが入るわけです。



人生にも同じように
カチッとスイッチが入る瞬間があります。



その瞬間を『グレート・リセット』と呼んでいます。


サナギの期間は
植物で言えば種の状態。



つまり、エネルギーが停滞していて
循環が起こる前の状態です。




そこで『ある条件』を揃えてあげることで
エネルギーの循環がはじまり
一気に人生が変わっていきます。



その条件は人によって違いますが
サナギの期間は必ずどこかで
エネルギーが流れ出しています。



そして、それは
『心の穴』から流れ出しています。



エネルギーが流れ出るイメージとしては
水がエネルギーでバケツがあなたという状態。


バケツに穴があるとそこから抜け出してしまいます。




もし、自分の『心の穴』が分からないという方は
下記の10個の質問に答えるだけで分かります。


詳しくはこちらから!
https://resast.jp/page/fast_answer/5926




「心の穴」があると
その穴からエネルギーが流れ出すため
エネルギー循環が起こりません。



ちなみに、エネルギーの循環は
病気になっても途切れたりします。



エネルギーの乱れは
個人差はありますが
皮膚に出ることが多く、



思春期のニキビは
エネルギーが有り余っていることが
関係していたり



年を取ってからのデキモノは
エネルギーの循環が乱れていることが
原因だったりします。



昔から正中線に出るデキモノは
危ないと言われてきましたが
それは大きなエネルギーの乱れが関係しています。







最後に「エネルギーの循環」というテーマで
話をしてみました。



よければどうぞ。


音声はこちらから!
https://bit.ly/3buWIjQ




では今日はこの辺で!



追伸:6月6日に「エネルギー」をテーマにした
 ZOOMセミナーを開催します。



今回のセミナーでは

・エネルギーとは何か?
・エネルギーの種類
・二種類のサナギ状態
・正しいエネルギーの循環とは何か?
・エネルギーの状態を知る


という内容をお伝えする予定です。


6月6日(日)20時スタート

参加費は1000円

です。


申し込みはこちらから
https://bit.ly/3yeoniT

この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生を変えるキッカケblog , 2021 All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記