本来あるべきあなたの人生を

ゲームマスターという生き方

内山 和久
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、内山です。

5658_20881950_1343690979062296_8996384697180855436_n


今日は独立起業を考えている人に向けた
新しい習慣の話をします。



あなたは起業をして
自分の好きなことをしてみたい!と
考えたことはありませんか?



もしそうだとしたら
今日の話を最後まで読んでください。



きっと、これからの人生の方向性が
見えてきます。



あーこんな感じで考えればいいんだな?


と感じて貰えると思います。



実際、俺も会社員時代は、
起業なんて考えられなかったので
ちょっとしたことで人は変われます。



そして実際に変わった人たちを
沢山観てきました。



今、シリーズで実践している
『新しい習慣を身につける企画』も
コーチ起業を目指している若者を
応援するために始めました。



コーチとして起業するためには
新しい習慣が必要で、


その1つはSNS投稿を
毎日するというものです。



新しい習慣が身につけば
必ず人生は変わります。



2400年も前に
アリストテレスは

『人は習慣の生き物で
習慣が人生を作る』

と言いました。


それから2000年以上経った現在、
アリストテレスの主張が正しかったことが
様々な研究で証明されてきました。




俺たちの人生は
習慣の総体なので、

習慣そのものを変えれば
必ず人生は変わります。



例えば、あなたの小学生の頃と
今の習慣を比較すれば
必ず違う所がある筈です。



それと同じように
会社員時代の習慣と

起業するために必要な
未来の習慣も違う所があります。



習慣を変える時に気をつけないと
いけないことは、

古い『信念=ブリーフ』です。



もう少し具体的に言うと

子ども時代に親から受け継いだブリーフと
会社員として守ってきたブリーフが

ジャマになります。



例えば、以前、俺が働いていた
JR西日本という会社では、
『副業禁止』というルールがありました。



もし、副業禁止というルールを
守り続けていたら
起業なんてできません。



起業をする時に
意識しないといけないことは


会社のルールはクソである!

ということ。



なぜなら、そのルールは
会社にとって都合のいいものだからです。

例えば、JRでは、


上司より早く帰ってはいけない
職場恋愛禁止
休日待機命令がある


こうしたルールがありました。



例えば、

「職場恋愛禁止」

これって考えてみたら
とんでもないルールだと思うんですよ(笑)



恋愛の自由を堂々と奪う。


そしてそれに反したら罰する。


これって誰得なの?といえば
間違いなく会社なんですよ。



つまり会社が、仕事以外の人生にも
堂々と介入しているわけです。



また、休日待機命令というのは
あまり聞かないルールですが、


これも害悪のようなルールで、

休みの日でも、呼び出されたら
すぐに出勤して働け!というもの。



いつ呼び出されるか分からないから
休日でも遠出することができないし、
いつも携帯を持ってドキドキしないといけません。


休みなのに行動を制限するわけですね。


これも仕事以外の人生に
会社が介入しています。



呼び出されたら、給料は発生しますが
呼び出されないと、給料は発生しません。


呼び出されることの方が少ないですが
逆に言えば、休日でさえ
自由に行動できません。


これも誰得なの?といえば
絶対に会社なんですね。



俺は、こうしたルールに対して
文句を言え!ということは言いません。


なぜなら、その会社で働く限り
そのルールに従う必要があるからです。



しかし、あなたが
もし、起業を考えるのであれば
会社のルールはクソだと思わなければいけません。



なぜなら、そのルールは
起業の足枷でしかないからです。




それでは、起業する時に、
最も重要な習慣は何か?



それは、間違いなく


『ゲームマスターになる』


という習慣です。



会社員は会社のルールを
守ることも仕事のうちです。



会社のルールに従うというのは
サッカー選手が手を使わないというルールを
守るのと同じ。



しかし、サッカー選手から
バスケ選手になる!と決めたら
手を使わないルールを手放す必要があります。


バスケ選手になるのに
手を使わないと絶対に損じゃないですか?笑



だから、会社員として働く場合は
会社のルールに従う必要がありますが、


起業する!と決めたら
起業家としてのルールを
守る必要があります。



例えば、パン屋で起業する場合、

店のコンセプトを決める
店の場所を決める
どんなメニューにするか決める
価格を決める
営業時間や休日を決める
内装を決めたり
店名を決めたり


決めることだらけになります。



ルールを守る側から
ルールを作る側になるわけですね。



そのルールが


『ゲームマスターになる習慣』


です。



これから起業をする方は
ルールを守る側から
ルールを作る側に移行すればいいわけです。



今までのルールは破棄して
新しいルールを作る側に回るわけですね。



この「新しい習慣を身につける企画」
の標語は


『自分で決めたことを自分で守ることが
本当の自由である』


とお伝えしてきました。



それは自分で決めたルールを
自分で守るということ意味です。



人に与えられたルールを守り続けるのではなく
自分でルールを作り、そのルールを遵守する。



これが本当の自由だと思います。




冒頭にお伝えした通り、
コーチとして起業するためには
SNSを毎日投稿するのは
当たり前のルールと言いました。



これは最初はとてもしんどいことです。



なぜなら、人は新しい習慣が苦手な生き物で
それは脳の機能でもあるからです。



最新の研修によると
人は99.9%が習慣で、
新しいことにチャレンジすることは
ほぼありません。



これは脳の機能なので
仕方がないことです。



人は新しいことをしないし、
新しいことをしても、それを続けない。



これが人という生き物の特性です。



だから、新しいことが続けられない
ことで落ち込む必要はありません。


それは脳の機能なので
ごく当たり前のことです。



逆に言えば、人生を変えようとすれば
最初は苦しいけど
新しい習慣さえ身につければ
あとは自動操縦でドンドン人生が変わります。



その新しい習慣は

『自分で決めたルールを自分で遵守する』

というゲームマスターの生き方です。



パン屋で起業するには
パン屋としての新しいルールを作る。



コーチとして起業するには
コーチとしての新しいルールを作る。


投資家として生きるためには
投資家としてのルールを作る。



人が作ったルールの中で生きるのではなく
自分が作ったルールの中で生きる。


これがゲームマスターの生き方です。



どんなルールでも
『自分で決めたことを自分で遵守する』
という習慣さえ身につければ


人生は自由自在に、何歳からでも
変えることが可能です。




なので、あなたも
俺たちと一緒に新しい習慣を身につけて
進んでいきませんか?



あなたのコミットは
こちらのアドレスにお送りください。


info@c-efficacy.com


あなたの決めたルールはなんですか?


それを教えてください。


一緒に頑張っていきましょう!


絶対に大丈夫です!

この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生を変えるキッカケblog , 2021 All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記