本来あるべきあなたの人生を

新シリーズVol.5 なぜ、そのアファメーションは効果がないのか?

内山 和久
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、内山です。


前回、『マインドの5つの階層』について書きました。


とても重要な概念を書いたので
もし、まだ読まれていない方は、
前回の記事からどうぞ。



前回の記事はこちら!

https://bit.ly/3bwvHgl




さて、今回は『マインドの大原則』について話します。



いきなりですが、


『アファメーションは効果がない!』


と言われれば、あなたはどう思いますか?




いや!そんなことないよ!とイラッとするかもしれないし、


え?そうなの?と驚くかもしれないし、


そう思っていました、と思う人もいるでしょう。



成功法則には様々なワークがありますが、
そうしたワークは本当に効果があるのでしょうか?



今回、明確な答えをお伝えします。



 

それではいきましょう!



まず、アファメーションとは、
なりたい自分にふさわしい文言をつくり、
何度も言ったり、見たり、聞いたりすることで、
自分自身に健全な「思い込み」をつくるものです。



例えば、

私は常に自然体で、自信に満ち溢れた人間だ』


こうした文章を作り、それを言い続けることで、
自分を変化させていくのが、アファメーションの基本です。



しかし、アファメーションを作って、
寝る前に言葉に出して唱えていても、
「あまり効果を感じない」という人もいます。



また、一時はとても効果があったような気がするけど、
すぐに元の自分に戻るという人もいます。



こうしたことは、なぜ起こるのでしょうか?





前回、「マインドの階層」について話をしました。


このイラストです。




第一層は、『思考』で実際に頭で考えていること。
第二層は、『信念』でブリーフシステム(信念体系)のこと。
第三層は、『本能』で感情や感覚のこと。
第四層は、『心』で純粋な個が宿るコアのこと。

※第四層が個人の中では最も深い領域。

第五層は、『真理』で人は集合無意識から繋がり、
     さらに深く潜ると宇宙の真理まで辿り着く。

※この『真理』を解き明かそうとしてきたのが、
ソクラテスから始まる哲学者であり形而上学の領域。


マインドはこの『5つの階層』から出来上がっています。




それでは、「アファメーション」は
第一層から第五層のどこの領域に当たるのか?


それは、


第一層の『思考の領域』です。



アファメーションは、
実際に頭で考え、言葉に出すのが基本のため
全て『思考』の領域で行っています。



それでは、アファメーションの本質を考えると、
それは、第一層の『思考の領域』から、
第二層の『信念の領域』に働きかけ
ポジティブな『信念』を創ることです。




つまり、ポジティブな言葉を言い続けることで、
ポジティブな信念を創る行為ですね。




具体的に言えば、

『私は常に自然体で、自信に満ち溢れた人間だ』

と言い続けることで、

『私は常に自然体で、自信に満ち溢れた人間だ』

という信念を創るわけです。


イラストでは、こんな感じ。





まず、ここで考えなければいけないことは、

『私は常に自然体で、自信に満ち溢れた人間だ』

と言い続ければ、本当に

『私は常に自然体で、自信に満ち溢れた人間だ』

という信念が創れるのか?ということ。



もちろん、他の言葉でも構いません。


自分に合ったアファメーションをし続けると
本当にその信念が出来上がるものなのでしょうか?



あなたはどう思いますか?



ここで明確な答えを発表します。


正解は、

第四層の『心』に穴がない人であれば

アファメーション 通りの信念を創ることは可能です。


しかし、『心』が傷つき、『心の穴』がある人は
どれだけアファメーションをしても

『私は常に自然体で、自信に満ち溢れた人間だ』

といったポジティブな信念は創れません。


なぜなら、『心』が『NO』と言っているからです。



つまり、第四層の心の状態によって
アファメーションの効果が決まるということ。


具体的にアファメーションの効果がない
実例を2つご紹介します。


まず1つ目は、アファメーションをすると
最初はとても効果がある実感を受けますが、
それは一時的なもので決して長続きしないというもの。



これは世間一般で「錯覚」と呼ばれるもので、
自分が変わったのではなく、
アファメーションの自分に合わせている状態です。


例えば、俳優が役を演じていると、
自分とは全く違う自分になれた気がします。


しかし、演技が終わった後は
元の自分に戻ります。


そもそも、アファメーションは
第一領域の「思考」から
第二領域の「信念」に働きかけをするもののため
すぐにその効果は出ません。


早くても数ヶ月、普通は1年以上かかります。


つまりアファメーションをして
すぐに劇的な効果を感じることはあり得ません。




そして2つ目は、「全く効果を感じられない」
というもの。


このタイプの人は、
アファメーションを作る時から
理想の自分というヴィジョンが
よく分からない所からスタートします。


「本当にやりたいこと」と言われても困る。

「何がやりたいのか分からない」

こうした状態からスタートします。


なんとか頑張ってアファメーションを作り、
実際に口に出して言っても
アファメーションの内容に
リアリティを持つことができません。


なぜこうしたことになるのか?


それは全く違う階層のことを
しようとしているからです。



大人気アニメ「ナルト」に
スポ根、根性論のガイという先生が出てきます。

ガイは物凄い努力を重ね
上忍と呼ばれる特別な忍者になった人。


だから「努力」することが当たり前の人です。

つまり、額に汗をかけばかくほど
自分が強くなれると信じています。

そして自分のことを信じています。

そもそも根性論とは、「心の穴」がない人の
『強者の理論』です。


だから、努力をしない人、行動をしない人を見ると
サボっていると思って、イライラします。


なぜ、行動しないんだ!
もっと努力しろ!


こうした感情に囚われるわけですね。


そしてガイのように

『自分を信じない奴なんかに努力する価値はない』

という強烈な言葉が出てきます。


しかし、「心の穴がある人」にとっては
自分を信じたいけど
信じられなくて困っているのです。


自分で自分のことを信じられないから
辛いわけです。


そして自分を信じらない自分を
責めています。


これが「心の穴」がある人の状態です。


しかし、強者の理論を振りかざす人には
自分を信じられない人の気持ちが分かりません。



ここに両者のスレ違いが起こります。


つまり、前提が違うのです。


アファメーション の効果がないのも
このスレ違いと同じです。


アファメーション をすれば効果があるというのは
すでに「自分を信じている人」向け。


自分を信じられるから、
アファメーション で自分の言葉を信じ
そして未来側の信念を作ることができます。


しかし「心の穴」がある人は
自分のことを信じられていなので、
信じていない人の言葉は受け入れられません。



人は誰しも「信じていない人」がいます。


例えば、見るからに怪しい人。
そして嫌いな人。



あなたは嫌いな人が言うことを
信用しない以前に、
そもそもその人の話を聞きませんよね?


「心の穴」がある人は、
そもそも自分のことを信用していないため、
どれだけアファメーション をしても
効果がありません。


こうしたことが実際に起こります。




このシリーズでお伝えしてきた通り、
コーチングは「心の穴」がない人向けのメソッドです。


最初から「心の穴」を想定していないため、
心の領域はどうしても専門外になります。


これは仕方のな



詳しくはこちら

「根拠のない自身の根拠はこれだ!」
https://bit.ly/30GpgkO




そして、めちゃくちゃ大事なことは、

もし、『心の穴』があったとしても、
それは人と比べて劣っている訳ではありません。



昔から『心を磨く』という言葉が使われてきました。


京セラの稲盛和夫さんは、自身の著書『心。』の中で
『心を磨く』ことについて次のように言われています。


すべては”心”に始まり、
”心”に終わる。


心を磨くとは、言葉を換えれば、
人格を高めるということ。

人間性を豊かにし、
美しい人間性をつくっていくということです。

人生はすべて心が決め、
すべては心がつくり出している。


心を磨くことが、
人生をより豊かなものにする。


このように言われています。



「心の穴」がある状態とは、
一方から見れば悪いことに思えますが、
もう一方から見れば『心を磨く』ために
最高の状態といえます。


だから、どデカイ心の穴がある方ほど
それは心を磨くチャンスだということ。



逆に「心の穴」がない人は、
一方から見れば良いことですが、
もう一方から見れば心を磨くことができません。




さて、ここから本題に入っていきます。




今回のテーマである『マインドの大原則』は、


『より深い領域が、浅い領域に影響を与える』


というもの。



私たちの中で最も深い領域が『心』のため、
心が人生全体に最も大きな影響を与えています。


第四層の心が、
第三層の本能を研ぎ澄まし、
第二層で確固たる信念を創り、
第一層でポジティブな思考を生み出しています。



つまり『心』の状態さえよくしてあげれば
自然によい結果に繋がっていきます。



これは木で言えば、根が元気なのに
葉っぱがボロボロになることがないのと同じです。



仮にボロボロになっても、
すぐに復活します。



具体的に言えば、

自信を持ちたいけど、自信を持てない。

エフィカシーを上げたいけど、上げられない。

お金を稼ぎたいけど、自分には価値がない。

モテたいけど、異性が怖い。


こうした悩みは心の状態を変えてあげるだけで
すべて解消することができます。




今回、マインドの全体像を『木』に例えて
イラストにしました。


木にとって、最も重要な部分は根です。




木は根が元気だからこそ、幹が太くなり、
枝が育ち、葉が青々と茂ります。



葉を1枚残らず全て切り落とし
枝をすべて切り落としても、
根さえ元気であれば、また枝が伸び
葉も青々と茂ります。


これが自然の法則で、人間も同じです。



人も第四層の『心』が元気だから、
第三層の『感情や感覚』がより活発になり、
第二層の『信念』も確固たるものになり、
第一層の『思考』もポジティブなものになります。



ここまではOKですか?



世の中には『真に強い人』と呼ばれる人がいます。


例えば、他人からどれだけ非難を浴びても
決して揺るがないような人です。


会社であれば、社員が驚くような方向転換をしたり、
政治家であれば、国民から非難を浴びても
決して自分の信念を曲げないような人のこと。



その人は、なぜ、揺るがないのか?


それは確固たる根があるからです。



だから、このシリーズを通じて、
根を元気にする方法をお伝えしています。




根が元気に張り巡らされていれば、
外で多少の風が吹いてもビクともしません。


根が元気ということは、
第二層の『幹=信念』も揺るぎのないものになります。



世間の逆風で葉が飛ばされ、
枝がへし折れたとしても、
根さえしっかりしていれば、
幹も非常に強く大した問題にはなりません。


何か行動する前に、不安になって動けなかったり、
人と会うたびに疲れてしまったり、
人の顔色を伺って自分を出せなかったり、
それはとても辛いことです。




このシリーズでお伝えしたいことは、
心の領域を整えることで、
今の悩みを解消し、本質的な人生の変革をもたらすこと。



そのために、シリーズで長々とした
文章を書いています。



最後に1つシェアします。



昨夜開催した、サメクラブのイベントで、

『私には絶対に開けられない扉がある』

と言っている人がいました。



俺は非常に面白い表現だなーと思って
その人に聞いた所、


私は、今まで色んなことを学んでくる中で、

自分の内側には絶対に開けられない扉があることに気づいていた。


自分の本質的な変化は、
その扉の向こうにあるはずだけど
どうしてもその扉が開かない。


開け方が分らない。


どんなことを学んでも
その扉の前まではなんとか立てるけど、
その扉を開けることができなかった。


今まで色んなワークもしてきたし、
多くのセミナーにも参加してきたけど、
どうしてもその扉の開け方が分らなかった。


こんな話をしてくれました。


だけど、「Hole理論」を学ぶようになって
ようやく絶対に開けられなかった扉が少し開いた。


だから、今はとてもスッキリしていて
ワクワクしている。


空いた扉の向こうにどんな世界が待っているのか
楽しみです。


このような発言をしてくれました。


絶対に開けられない扉とは、
今回お伝えしてきた『心の領域』のこと。


本質的な変化とは、
絶対に『心の領域』にしかありません。


なぜなら、木でいえば根だからです。


根がなければ、痩せ細るだけでしょう。


俺はそんな人たちに、沢山出会ってきました。


心の領域を解放して整えることで
今までの悩みや苦しみが
一気に解消することができます。



これが本質的な変化。



こうした変化のことを俺は、

『トランスフォーメーション(構造的な形質変化)』

と呼んでいます。




ということで、次回は、

『トランスフォーメーション』

というテーマでお伝えします。


お楽しみに!




このシリーズへの質問は感想はこちらから!
info@c-efficacy.com



追伸:少人数制のZOOMセミナーを開催します。


テーマは、

「心の領域から考える人間関係の創り方」

です。


この新シリーズでは、マインドの階層や
心の領域についてお伝えしています。


こうした観点から、今回のセミナーでは

『人間関係』に特化した内容をお届けします。


特に参加して欲しい人は、


人間関係でいつも困っている。
人と一緒にいると疲れる。
異性が怖い。
人と会話が長く続かない。
大勢の人の中にいると怖いと思う。


この5つの中で3つ以上当てはまる人は
ぜひ参加してください。


どうすれば、今の悩みを解消できるのか?


明確な答えをお伝えします。



ちなみに、今回のセミナーは
7人以下の少人数制で開催しようと思っています。


価格は1万円(税込)です。


ZOOMで開催するので、好きな所から参加することができます。


開催日時は、今月末から来月上旬を予定しています。


少人数のため早く埋まる可能性があるので、
席を確保したい方は下記のフォームからどうぞ。


後ほど担当者から連絡いたします。


申し込みフォームはこちら
https://bit.ly/3bHDJD9

追伸2:タイプ診断リニューアルしました!


10個の質問に答えるだけで、
あなたの「心の穴」が分かります。

https://resast.jp/page/fast_answer/5926



最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生を変えるキッカケblog , 2021 All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記