なぜ、小林麻耶さんは笑顔で番組降板を告げたのか?

内山 和久
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、内山です。

昨日、小林麻耶さんがTBSの番組を降板になった話題に触れました。

俺は元々、テレビディレクターをやっていたので、
番組についての話もできないことはありませんが、
それは伝えたい内容とは異なるため省略します。

わざわざブログで省略しても、それこそ各局のワイドショーが
飛びついて放送することでしょう(苦笑)


昨日の記事では、小林さんは「Hole理論」の
サメタイプの可能性が高いとお伝えしました。

(※本来であればセッションを通じて診断しているので、
あくまでも予測であることはご了承ください。)

小林さんが毎日、配信していたYouTubeライブも
11月13日以降配信されていないため、
非常に危険な状態であることは変わりありません。

YouTubeのコメント欄を観ると
相変わらず、小林さんを批判する内容が沢山書かれています。

これまで心理のプロとして活動してきたので、
批判する人の気持ちも十分理解できるので
こうした現象が起こることは仕方がないと思います。

それではなぜ、

『小林さんが多くの人から批判されてしまうのか?』

それは、「サメタイプ」の人は、
基本的に人から理解されないからです。

同じサメタイプでも、
大きく4つのタイプに分けていますが、
サメタイプ全体に共通するとは、
「人から理解されない」ということです。

小林さんの場合であれば、
大きく2つの軸があるのでご紹介します。

まず1つ目は、
番組を降板になったと発表する際に
笑顔であったこと。


言ってることと、態度に大きなギャップがあるため
怖い、気持ちが悪い、という印象を受けます。

この理由は昨日の投稿でお伝えした通りです。

※昨日の記事
https://bit.ly/2H1IQBE


もう2つ目の軸は、
旦那さんが理解できないということ。

YouTubeライブのコメント欄を見ると
旦那さんの態度が悪いとか、
旦那に洗脳されているとか、
なぜこんな人と一緒にYouTubeライブをするのか?

という旦那さんを批判するコメントが沢山書かれていました。

旦那さんの心理をここでお伝えすることもできますが、
それよりも大切なことがあります。

それは小林さんがなぜ、
「今の旦那さんと結婚したのか?」
ということです。


元々、TBSの人気アナウンサーで、
TBSといえば小林麻耶とまで言われていた
超人気アナウンサーですから、
小林さんが本気になれば、物凄いスペックの人と
結婚することもできた筈です。

例えば、有名芸能人とか
スポーツ選手とか、
はたまた政治家とか、
IT会社の社長など、
普通の人だとなかなか出会うことすらできない人と
結婚することも可能だった筈です。

実際、人気アナウンサーは
そうした人たちと結婚していますよね?

しかし、小林麻耶さんは
なぜか、今の旦那さんと結婚をされています。

世間では、旦那さんに洗脳されて
小林さんは結婚したのではないか?と言われたり、
旦那さんが裏で暗躍して
所属事務所と対立したという記事もありました。

俺の考えは明確で、
旦那さんに洗脳されて結婚したり、
もしくは、洗脳されて番組を降板したり、
洗脳されて事務所と関係が悪くなった
ということは、決してないと思います。

なぜなら、YouTubeライブの言動を観る限り
「人を洗脳できる技術はない」と判断したからです。

人を洗脳するためには、
相当、人の心理や脳の機能を熟知する必要があります。

俺もプロのコーチとしてこれまで活動してきましたが、
旦那さんの言動を見る限り
正直、そこまでのレベルに達しているとは思えません。

相手を観れば大体の熟達度は分かります。

そして、もっと大切な視点をお伝えすると、
小林さんが所謂女子アナ的な生活を送っていれば
今の旦那さんと出会うこと自体が難しかった筈です。

なぜなら、人気アナウンサーであれば
西麻布や六本木など港区女子的な
活動範囲になってもおかしくありません。

もちろん、収入的には
そこまで高い仕事ではありませんが、
それを補って余りある人気があります。

特に資本主義社会でのし上がってきた人は
男性性がゴリゴリに強い人が多いため
人気アナウンサーと付き合いたいと思っている人も
実際、多い筈です。

逆に考えないといけないことは、
なぜ人気アナウンサーの小林さんが
今の旦那さんと出会ったのか?
さらに結婚相手として選んだのか?
ということです。

これが小林さんの本質的なコアにある
「サメタイプ」と診断した1つの理由です。

サメタイプの人は、
基本的に人から理解されずに

過酷な人生を送られています。

それは幼稚園や小学校から、
ずっと人と馴染めず、
人との距離感も分からず、
人から理解されず、
自分はなんか普通の人とは違う、
そう感じて生きてこられています。

これは本当に厳しい人生です。

さらに子どもは、
普通とは違う存在に敏感ですから
クラスで虐められた人も多いでしょう。


そして、それは社会人になってからも同じで
誰にも頼らず、ずっと一人で頑張ってきています。

なかには、

「私のことを一生、理解してくれる人と出会わないかもしれない」

そう感じながら生きてきたサメタイプの人と
これまで何人もお会いしてきました。

それくらい、人から理解されることが少ないわけです。

今回の小林麻耶さんも
TBS時代にはぶりっ子だと誤解され、
(求められるからぶりっ子を演じていた部分はあり)
番組ではいつもニコニコ笑顔を絶やさず
番組を降板になった時や事務所を解雇になった時ですら
笑顔で発表をしてきました。

YouTubeライブでは、
気持ちが悪い!とかバカなんじゃないか!と
散々なことが言われています。

しかし、ぜひ考えて欲しいことは、

「番組を解雇になったこと」
「所属事務所をクビになったこと」

こうしたことにショックを受けない人は
果たしているんだろうか?ということです。

本当に、ショックを感じず、嬉しくて
ニコニコと笑顔で発表したのでしょうか?


本当は誰よりもショックで、傷つき
落ち込み、死ぬことさえ考え、
それでもショックを表に出せば
観ている人を不快な気持ちにしてしまう!
そうした思い笑顔で発表した。

これが真実だと思います。

そしてこれが、サメタイプの人の
厳しく生きる道です。


もしあなたが会社をクビになったり、
彼氏や彼女に振られたり、
何かめちゃくちゃ落ち込むことがあった時に、

一切、深刻な顔にならず
ずっと笑顔で話さなければいけない
それは深刻な顔で話すよりも
ずっと厳しい選択になると思います。

これは昔から言われてきたことですが、
楽な道と辛い道があれば
辛いな道を選びなさいと言われてきました。

それでも多くの人は、やはり楽な道を選びたい。

これは自己啓発業界やビジネス業界、
ダイエットやスピリチャル業界も全て同じで、

「一瞬で楽して激変!」

みたいな本や商材やセミナーが
掃いて捨てるほどあります。

サメタイプの人のマインドセットは
「辛い道」と「めちゃくちゃ辛い道」があれば
「めちゃくちゃ辛い道」を選ぶという人生を送っています。

そもそも「楽な道」なんてものは最初から存在しません。

万が一「楽な道」を選ぶ時があるとすれば
それは自ら命を絶つ時です。

これだけ頑張ったんだから、
そろそろ楽になりたなーと思うわけです。

今の小林麻耶さんは
「楽な道」を選ぶかもしれない
そう思ってこの投稿を書いています。

そしてそんな人の力になりたいと思って活動しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


追伸:もし自分のタイプが知りたいという人にはタイプ診断があります。

10個の質問に答えるだけで
あなたのタイプが分かる診断もあります。

興味がある人だけやってみてください。
https://resast.jp/page/fast_answer/5926


では!





この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記