小林麻耶と麻央さんの共通点 

内山 和久
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは、内山です。

小林麻耶さんについてシリーズでお伝えしています。

前回までに、小林さんは
「Hole理論」でお伝えしている
「サメタイプ」の可能性が高い、ということ。


(※サメタイプとは、繊細すぎる真面目な人で、全16タイプ中、最もハードな道を歩んでいます)

今回お伝えしたいことは、

小林麻耶さんの妹、小林麻央さんとの共通点について。

あなたは麻央さんの闘病生活ブログを読まれたことはありますか?

麻央さんは進行性のがんに侵され、
闘病生活がスタート。

2016年9月1日にブログを開設し、
亡くなる3日前の2017年6月20日までに352回も更新しました。

俺も毎日、応援しながら読んでいたのですが、
ブログ記事を読んで何度も泣いたことを今でも覚えています。


多くの人を勇気付け続けた本当に奇跡のようなブログです。

サメタイプの人は、「辛い道」と「めちゃくちゃ辛い道」があれば
「めちゃくちゃ辛い道」を選ぶとお伝えしてきました。


最初から「楽な道」は存在しない人生を歩んでいるのがサメタイプの特徴です。

摩耶さんがサメタイプということは、
必然的に真央さんもサメタイプになるのですが、
真央さんもまさしく「めちゃくちゃ辛い道」を選ばれていたと思います。

(なぜ必然的になるのかは、また別の機会に説明します)

なぜなら、ご自身がガンに侵され、
誰よりも身体的にも精神的にも辛い状態で、
一切、愚痴も言わず、毎日、人を励まし続けられました。

これは本当に凄まじいことで、ただただ尊敬しかありません。

もしあなたが当時、麻央さんのブログを読まれていたら


「どうして麻央さんは、こんなにも頑張れるんだろう?」

そう思ったことがあるかもしれません。

なぜなら、自分毎として考えてみると、
誰しも麻央さんと同じ行動ができる自信が持てないからです。

自身の身体が日に日に悪くなっている実感があり、
死の足音が近くで聞こえるような、
不安と恐怖に苛まされると、
誰しも自分のことだけで精一杯になります。

そうした状況で、どうして他人のことを考え、
励ますことができるのか? 

そして勇気を与え続けることができるのか?

そう思うからです。

もちろん、俺自身、そんなことができるとは到底思えません。

サメタイプの人は、
「辛い道」と「めちゃくちゃ辛い道」があれば
「めちゃくちゃ辛い道」を選ぶとお伝えしました。


麻央さんも、まさしく「めちゃくちゃ辛い道」を選ばれ続けた人ではないでしょうか?

普通の人であれば、そんなこと絶対に無理だよ、
と思えるようなことをやり抜く力がある。

サメタイプの人は、そうした、
とんでもないことをやってのける力があります。

サメタイプは大きく4つに分けることができるともお伝えしてきましたが、
麻央さんも摩耶さんも全く同じサメタイプに当たります。

だからこそ、摩耶さんは、叩かれ続けても、YouTubeライブをやっています。

YouTubeライブのコメントを観ると、
全然、応えてないな、反省してないな、
といったコメントが多数寄せられています。

あれだけ叩かれて、応えない人、ショックを受けない人がいる筈がありません。

どれだけショックでも、笑顔でやり抜く。

それがサメタイプの人の過酷すぎる人生です。

俺はそんな人の力になりたい。
そのために「Hole理論」を広めています。


元々、とんでもないパワーを持ったサメタイプの人が
「心の穴」が埋まると、身を削ることなく、
自身の人生を幸福にしていくベクトルでエネルギーが使えるようになります。


そのエネルギーは凄まじく、
世の中に大きな価値や愛を生み出すことができます。


「Hole理論」を広める中で、
徐々に確信に変わってきていることが1つあります。


それは世界の歴史は
サメタイプが創ってきているのではないか?ということです。


なぜなら、歴史的偉人の多くはおそらくサメタイプだからです。


古すぎてデータがないので確証は持てませんが、
おそらくサメタイプの偉人は沢山います。

次回は、サメタイプの別タイプをご紹介します。


お楽しみに!

もし自分のタイプが知りたい方は、タイプ診断を用意しました。

10個の質問に答えるだけで、あなたのタイプが分かります。

興味がある人はどうぞ。
https://resast.jp/page/fast_answer/5926


追伸:2021年に東京の世田谷区で、サメタイプの人がリアルで集まれるサメハウス(仮)を作る予定です。


共同生活をしながら同じサメタイプの人が自立し、安心して生活できる環境を提供していきます。


こちらもお楽しみに!








この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記