本来あるべきあなたの人生を

新章Vol.8 自由になるために必要なたった1つのこと

内山 和久
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、内山です。


シリーズで新時代コーチについてお伝えしています。


前回は、「自由に選べる時代」という話をしました。



今回のテーマは、

『自由になるために必要なたった1つのこと』

です。


このシリーズは、
これからプロとしてお金を稼ぎ
サラリーマンから卒業したい人に向けて書いています。



前回までは、
ピラミッド構造から円に移行しよう!
誰でも自由に移行できる時代になった
という話をしました。



まだ読まれていない人はこちらから。
https://bit.ly/3okeBGj



会社組織は現代を象徴するピラミッド構造なので、
そこから移行しよう!という意味も含めています。


このシリーズを読んでくれている人は
おそらく会社組織から自由になりたいと思っている
人が多いと思います。


今回は、そんな状況の人にピッタリな内容、

それがサラリーマンから独立して
自由になるために必要なたった1つのものは何か?

という話です。



それでは、

サラリーマンから独立して
自由になるために必要なことは何か?


たった1つを挙げると・・・



それは『スキル』です。



もしかすると、あなたは、


「え?スキル?」


と思われるかもしれません。



しかし、何もスキルがなくて
独立することは無理ゲーです。



もし、何もスキルがなくて
独立できる人を挙げるとすれば、

『何かしらの資本』を持っている人だけ。


ここでいう資本とは、
めちゃくちゃ容姿がいい、とか
天才的な能力や才能がある人たちのこと。



具体的に言えば、

街を歩いていたらスカウトされ
そのままトップアイドルになれた人。


ウサインボルトのように
生まれつき身体能力が高い人。


松本人志さんのように
天才的なお笑いの才能がある人。


など。


マライア・キャリーのように
いきなり7オクターブでる人とか
ほぼいないじゃないですか?苦笑。



こうした、ごく一部の人たちは、
最初から大きな結果を出すこともできますが、
それでも本当のトップになるためには
必ずスキルは必要になります。


アイドルであれば歌や踊りのスキル。
ボルトであれば、スタートダッシュなどのスキル
松っちゃんであれば、話を聴くスキルや、ネタを作るスキルなど。


こうした人たちは
100万人に1人くらいしか存在しません。


一般的な人の場合、
独立して自由になるためには
間違いなくスキルが必要です。



例えば、俺の場合・・・


2011年にサラリーマンから独立しましたが、
その時に使ったスキルは、番組制作のスキルです。


元々、テレビディレクターを12年やっていたので、


番組企画を考えるスキル
台本を書くスキル
ディレクションスキル
映像編集スキル


などのスキルを使って独立起業しました。


わずか4人しかいない小さな会社でしたが、
その会社には、カメラスキルを持つカメラマン、
音響や照明のスキルを持つ技術者、
映像編集スキルを持つ編集マンがいました。


つまり、全員番組制作に関する
スキルを持っていたわけですね。


続いて、2013年に
ありがとう出版を作った時のスキルは、


企画を考えるスキル
文章を書くスキル


を使いました。


企画としては、
世界一分かりやすいコーチング本。


文章を書くスキルは、
番組台本を書いていた時のスキルを使いました。


つまりこの2つのスキルは
元々、テレビ時代から持っていたわけですね。


もちろん、出版の方がより高い
文章スキルが必要ですが、
元々、文章スキル自体はありました。


だから、文章スキルがない状態で
出版社を作ることはかなり難しいと思います。


もちろん、このメルマガも
文章スキルを使って書いています。


俺の文章スキルは決して高いとは思いませんが、
文章スキルが一切なければ、
毎回、この長い文章は書けないと思います(苦笑)。


俺はコーチングスクールで
スクール生のブログ添削などもしていますが、
ほとんど読まれていないブログでも、
文章を少し変えるだけで、
クライアントさんが来てくれるようになっています。


例えば10万円の商品を100人中1人購入していたのが
文章スキルを身につけるだけで、
100人中25人が購入してくれるようになることも可能です。


もちろん、「一瞬で楽して誰でも」とか、
「魔術」とか「秘術」とか誇大広告は一切使っていません。



また、テレビ時代のスキルを使おうと思えば、
YouTuberの映像編集の仕事も余裕でできます。


YouTuber専用、編集スタジオとか作ることも可能です。


なぜなら、俺が編集した方が絶対に上手いし
面白くする自信があります。



このように独立起業する時には
必ず何かしらのスキルが必要です。


もし、何もスキルがなくて
独立できる方法があったとしても、
それは言い換えれば誰でもできること。


だから、一瞬でレッドオーシャンになるでしょう。


もちろん、『プロ』のコーチになるためにも
絶対にスキルは必要です。



プロコーチになるために絶対に必要なスキル、


たった2つに集約すると、


『コーチングスキル』



『文章スキル』


です。


まずコーチングスキルから説明すると

どれだけコーチング本を読んでも
コーチングスキルは上達しません。


なぜなら、
読書でスキルは身につかないからです。


これは、どれだけ野球の本を読んでも
野球が上手くならないのと同じ。


コーチングスキルは、
実際にコーチングをする必要があります。


すごく恐ろしいことは・・・


俺が知っているコーチングコミュニティでは
コーチングスキルを全く学ぶことができません。


ただ席に座って話を聞くだけ。



もっとすごいのは、
ただビデオを観るだけのものもあります。


つまり、ビデオを観るだけで
コーチ資格が貰えるわけですね。


さらに恐ろしいのは、
ただの1度もコーチングをしたことがないのに
いきなり30分のコーチングで20万円とか
6回のコーチングで100万円とか取る人もいるわけです。


全く意味が分からない。


まあ、その話は一旦置いといて、
コーチには絶対にコーチングスキルは必要です。


なぜなら、スキルがなければ
コーチングができないから。


当たり前ですよね?


そして、もう1つ必要なスキルが

『文章スキル』です。


意外に思われる人もいますが、
新世代のコーチは、
ほぼ100%情報発信をします。


それはブログだったり
SNSだったり、
YouTubeだったりします。


このシリーズの最初にお伝えした
新世代のコーチ達も
ブログやSNSなどで情報発信をしていますが、


人気のコーチは、
もれなく文章が上手いです。


上手いというのは、
正しい日本語を使っているとか
誤字脱字がないとか、そういう意味ではなく
人を惹きつける文章を書いているという意味。


別の言い方をすれば
文章にエネルギーが宿っています。


それに対して、
まだ人気がないコーチの文章は
お世辞にも上手いとは言えません。


ただ、のっぺり説明が述べられているだけで
全く面白くないんですね。


それって、本に書いてあることと同じじゃん!とか、
論文みたいに読みにくいとか色々。



正しい日本語で書かれているし
間違ってもいない。


だけど読もうとは思いません。



なぜ、こうしたことが起こるのか?


これは俺が知る限りですが、
文章スキルを教えてくれる
コーチングスクールは1つもないからです。


文章スキルさえ身につければ、
誰でも人を引き寄せる文章が書けたり
面白い文章が書けるようになります。


ブログはこう書きましょう。
プロフィールはこう書きましょう。
あなたのサービスはこのように企画しましょう。
メルマガはこう書きましょう。


などなど、こうしたスキルを学べば
誰でも書けるようになります。



せっかくコーチングスキルを身につけても、
それを広める文章スキルがないので
広めることができません。


これはめちゃくちゃ勿体ないこと。


・・・・

今回は独立して自由になるためには
絶対にスキルが必要ということ。


そしてスキルの全体像を書きました。


その中でも、

「コーチングスキル」と「文章スキル」

この2つは必須であるということ。


次回は、スキルについてフォーカスして
詳しくお伝えしていきます。


あなたは今、どんなスキルを持っていますか?


次回もお楽しみに!



追伸「Hole理論」でお伝えしている

タイプが分からないという人は

タイプ診断を用意しました。

10個の質問に答えるだけで「あなたのタイプ」が分かります。


質問も新しくなっているので、前にやった人もどうぞ♩


タイプ診断はこちらから

『エピソード2の人生へ進むための』無料タイプ診断 をされるかたはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
内山 和久
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生を変えるキッカケblog , 2020 All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記