Hole理論コーチング  ここが自分の居場所だと思える人生へ

Hole理論

こんにちは、内山です。 今日のテーマは 『心のレンズ』 という話をします。 今回もかなり重要な話になります。 特に、下記の悩みがある場合、 大きなヒントになるかもしれません。 あなたはこんな経験はありませんか? 不安が大きくなって夜眠れなくなる 自分の感情を出すのが苦手 思っていることを口に出せない メールの返あなたはこんな経験はありませんか? 不安が大きくなって夜眠れなくなる。自分の感情を出すのが苦手。思っていることを口に出せない。メールの返信に時間がかかる。イライラしている人が近くにいると気になって仕方がない - パート 2

コーチング

将来的にコーチとして起業したい。 コーチ資格の取得を考えている。 そんなあなたに断言します。 コーチ資格は必要ありません! この記事を書いている私は、 コーチ歴10年。 元テレビディレクターで 現在、コーチング会社の代表と 出版社の代表、 東京の目黒区と品川区で保育園の理事、 コソボ共和国で寿司店オーナーをして日本にはコーチ資格を取得している人が 約5万人います。しかし、プロとして成功している人は全体の4%未満です。コーチ起業で失敗しないために、4つのステップをご紹介します。 - パート 2

生き方

こんにちは、内山です。 私は基本マッチョな考え方が大好きですが、 「嫌なことからは逃げろ!」と思っています。 今日のテーマは 戦略的に逃げる 例えば、嫌な仕事。 何年も嫌だなーと思って働き続ける。 これってめちゃくちゃ辛いことですよね? 俺もテレビディレクターをしていた時 毎日、仕事に行きたくないと 5年以上思フットワークの軽さと嫌な仕事から逃げるのは本質的に同じ。私はこう考えています。成功者と言われる人たちはより幸福度の高い人生にドンドン進んでいくという身軽さを持っています。 - パート 2

無料「心の穴」診断

  こちらのページからどうぞ 診断ページへ移ります https://resast.jp/page/fast_answer/5926

コーチング

こんにちは、内山です。 今回は、 すぐに諦めてしまう癖がある 人生を変えたいけど、何からはじめていいか分からない 頑張っているのに結果が出ない こうした悩みの解決方法を 具体的にお伝えします。 ズバリ!テーマは、 確実に成果を出す 2つの質問 まずこんな話から・・・ 私の友人が 「ウッチーぜひアド小さな変化ではなく大きな変化を提案したわけです。こうした大きな変化のことを『ルールを変える』と呼んでいて、大抵のことはこれでよくなります。 - パート 2

infomation

あなたの『心の穴』を、直接診断します 人は「心の穴」を持っている 私は長年のコーチング経験の中で、 クライアントさんとのセッションを通して 人には『心の穴』があり そして『心の穴』が様々な悩みを 引き寄せていることに気づきました。 人の心に…

出版企画

こんにちは、内山です。 誰かのバイブルになる教典企画で 「今は本が売れない時代」と書いたら「とてもショックで、本を読まないようにします」 というメッセージを頂きました。 私は出版社も経営しているので 本だけを主軸にビジネスをすれば 本当の大変な時代です。 しかし、本が読まれない時代だからこそ チャンスが広がって今の日本人はどれくらい本を読むのか? 昨年、毎日新聞が調査した結果によると、16才以上の男女のうち、51%の人が1ヶ月に1冊も本を読んでいないと答えています。 日本人の1ヶ月の平均は読書数は0.55冊。 - パート 2

Hole理論

こんにちは、内山です。 今回のテーマは 『私の在り方を確立しよう!』 です。 あなたはこんなことを思った経験はありませんか? やりたいことが分からない 人の顔色を伺うことが習慣になっている 何が正しいのか分からない 物事を決めるのに時間がかかる 決めたことが長続きしない こうした悩みは『在り方』さえ決まれば 一『在り方』はマジで最重要の概念。これさえ決まれば間違いなく人生は大きく変わります。 あなたは『DO』より『BE』という言葉を聞いたことがありますか?有名な言葉なので一度くらい耳にしたことがあるかもしれません。 - パート 2

Hole理論 お客様の声

こんにちは、内山です。 もし、人生の中で 『どこに行っても居場所がない』 という悩みを抱えられていた場合、 とても過酷な人生を歩まれてきたと思います。 『自分の居場所がない』という感覚は とても珍しい悩みのため ほとんどの場合、理解されない…

Hole理論

こんにちは、内山です。 今日、改めて考えてみたいことは 『自然体』について。 特にこの記事を読んで欲しい人は 毎日が忙しくて疲れる 人混みが苦手 人と一緒にいると疲れてしまう 身体も精神も癒してあげたい 人間関係で疲れてしまう こうした問題を解決していきます。 私のクライアントの声を聞いていると 私っていつも自今日、改めて考えてみたいことは『自然体』について。人によって自然体の許容量が違うんですね。友達に会う場合と総理大臣に会う場合、この2つを比較すれば友達に会うよりも総理大臣に会う方がより緊張すると思います。 - パート 2