弊社の代表的なコーチング・プログラムをご紹介します。

エグゼクティブ コーチング・プログラム

最も効率のいいコーチングプログラムは、リーダー向けのエグゼクティブ・コーチング・プログラム。 これは組織のリーダーに特化したコーチング・プログラムです。アメリカでは、ビル・ゲイツ氏が常に6人のコーチを雇っているのが有名で、大企業の社長ほどコーチを雇っています。弊社では、この同じサービスをぜひ、日本の「志の高い社長」に受けて欲しい!と熱意を持って考えています。アメリカでは、大企業のトップだけではなく、大統領や財政界のリーダーもコーチングを受けています。 コーチングはアドバイスをさせていただくのではなく、プロコーチの誘導により、リーダー自らが、自分自身の深い部分で様々な発見をしていきます。外側から変革するのではなく内側から進化していく。これがコーチングのアプローチで可能になります。 組織にとって、リーダーは「宝」であり「要」です。リーダーは組織を成長させるミッションを持っており、進化していくことが求められます。 2014年オックスフォード大学の発表によると、今後10年間で702の職種のうち約47パーセントの仕事がなくなると予想されています。時代の流れが早く競争が激化している現在。できるだけ早い段階で世界最新のコーチング・プログラムを導入されることがライバルに差をつけ、利益を拡大していく結果につながると核心しています。

コーチング・プログラムを導入する3つのメリット

コーチングを企業に導入することで、大小様々なメリットがあります。

ここでは3つの大きなメリットをお伝えします。

生産性が向上し、売上が拡大する

売上が拡大するとお伝えすると、コンサルティングと混同されることがあります。コーチングはマインドを内側から進化させるプログラムです。 コンサルティングとコーチングを一言で区別すると、コンサルは外側からのアドバイス、コーチングは自分自身のことに自ら気付き、内側から変わるプログラムです。 コーチングを行なうプロコーチは、クライアント様の鏡となって、様々な気付きを科学的に促していきます。そうすることによりクライアント様のマインドが進化していきます。 進化したクライアント様は、リーダーシップが強まり、組織をより強力に引っ張っていきます。 企業が変わる時は、人が変わる時。そのはじまりはリーダーがコーチングによって進化した時が引き金になります。

クリエイティブ性が高くなり新しいサービスや商品が生まれる

私たちのコーチングには「スコトーマ」という概念があります。スコトーマとは心理的盲点のことで、世の中にスコトーマがない人はいません。 コーチングを受けることで、スコトーマがみるみる外れていきます。スコトーマが外れるということは、いままで見えていなかった世界が見えるということです。 スコトーマが外れることでクリエイティブ性が高くなり、見えない世界が見えるようになることで、新しい発想が生まれ新商品や新サービスが生まれやすくなります。

職場の人間関係が良くなる

人の悩みは大きく分けて3つしかないと言われています。 1、 健康 2、お金 3、人間関係 そして8割以上の悩みは実は人間関係にあります。これは人が生活していく上で人間関係を完全に断ち切ることは難しいからです。 人間関係の悩みでは、やはり職場での人間関係が多く、強いストレスの原因となっています。 上司との人間関係、同僚との人間関係、部下との人間関係、取引先との人間関係。 エグゼクティブ・コーチングでは、まずリーダーのマインドが変わります。リーダーシップがより強くなり、職場の雰囲気もよくなっていきます。 エグゼクティブ・コーチングを体験されることで、リーダーのセルフコーチングがはじまります。次の段階ではリーダーによる社員へのコーチングがはじまり職場全体の雰囲気が格段によくなっていきます。 まさしくリーダーがプラスの起点となり、まるで渦のように組織全体に広がり動き始めます。

1DAYコーティング研修プログラム

この社員研修プログラムでは、たった1日で世界最高峰のコーチング理論を学ぶことができます。複数の社員様に最初に受けていただきたいオススメプランです。この研修プログラムでは世界最新の認知科学、機能脳科学のいい部分だけを凝縮し、「15のユニット」に分けてお伝えします。各ユニットでは理論を学習するだけではなく、普段の仕事に合わせたワークや生産性を高める方法がより深い部分で理解することができます。プログラム終了後、参加された方のモチベーションが上がり、自発的な行動を自然に取るようになります。その結果、社内の人間関係や雰囲気もよくなり、生産性も格段によくなっていく社員研修プログラムです。

研修は8時間(うち食事休憩1時間)

原稿の社員研修にコーチングプログラムを融合させる

このプログラムは、現行の社員研修及び新人研修にコーチング理論を導入するものです。 プロコーチの視点から、現行の研修プログラムを徹底的に精査し、コーチング理論を導入するご提案をさせていただきます。 弊社のコーチング理論は、最新の認知科学、心理学、機能脳科学をベースにしています。それらの観点から、人により効果を感じて貰うための改善方法を様々な形でご提案させていただいています。 ケースによっては、1から全ての資料を作成することも可能です。 社員研修のクオリティをますます高めることで、組織全体の活性化になることは間違いありません。 業種や組織形態によって異なる提案になります。詳しくはお問い合わせの上、打ち合わせをさせてください。

社会貢献としてのコーチング

弊社では収益の一部を「子どもの可能性を引き上げるコーチングセミナー」と題してボランティアセミナーを開催しています。月1回のペースで日本各地で開催中です。
コーチの由来は、「馬車」からきており、お客様の望む場所に安全に送り届けるという意味があります。 人の望む場所に安全に送り届ける・・・ これは、子育てにも深く関わっている。子どもが望む夢をサポートし、正しく導いていく。それは親の使命でもあります。 子どもの望む場所に正しく導いていくことが親の使命であれば、親は子どもにとって最高のコーチであった方がいい。それが弊社代表の考えです。
子どもにとって両親の影響力は絶大です。両親の影響を全く受けない子どもはいないように、全てを信用し全てを受け入れようとします。だからこそ、両親は最高のコーチであった方がいい。 コーチングは人の可能性を引き上げ本当にやりたい夢を見つけ、そこに向かって進んでいく勇気と力を与えます。 夢や可能性を否定するのではなく、能力を開花させ引き上げていく。それがコーチング理論の本質でもあります。 様々な研究から、人は脳の3%しか使っていないと言われています。つまり残り97%の脳は使われていないということですね。 否定は可能性を閉じ、承認は可能性を開花させていきます。 ボランティアの親子コーチングセミナーでは、子どもの可能性を引き上げていくコーチング理論をお伝えしています。

ブランディング

企業のブランドは、イメージや想い、感情や記憶など情報によって形作られます。 通常のブランディグでは企業のゴールに基づき社会に与える『情報』を構築していきます。 しかしそのブランディグは本当に御社の求めるブランディングでしょうか? 広告代理店やマーケッター、デザイナーの考えにより作られた物ではないでしょうか? 私達のブランドコーチングは、マインド(脳と心)の取扱いのプロフェッショナルであるコーチが御社の本当に望むゴールを御社自身から自然に引出し、その引き出したゴールを元に 御社らしい唯一無二のブランドを手掛けていきます。 その唯一無二のゴールに基づいたブランドを社会に発信して行くことで 御社の商品を手にしたお客様に感動を与え、ゴールに共感した人々が御社に集まるようになります。 その結果、御社で働く従業員もゴールを共にする優秀な人材が集まるようになります。 最終的に、ただの従業員では無く、御社の事が好きで堪らないエバンジェリスト『伝道師』としてより活動を拡大させていくことでしょう。 ブランドコーチングを導入する事で長期的な視点において あなたの企業に莫大な財産を残し、大きな利益を生み出します。

コーチ紹介

内山和久

内山和久

コーチングについて

私のゴール(夢)は、世界中の学校教育にコーチング理論を普及させることです。子どもの頃からコーチング理論を学ぶことにより豊かな人生を送ることができる。内山はそう確信しています。 子どもにとってコーチングは、自分の可能性を広げるツール。 私たち大人にとっては、自己実現のツールです。 日本の10年先を進んでいると言われるアメリカでは、ビジネスにコーチングを導入することが常識になりつつあります。 アメリカのフォーチュン500社のうち、私たちのコーチング理論を導入している企業が62%以上。NASAや国防総省にも導入されています。 コーチング理論の素晴らしい所は、どんなビジネスシーンにおいてもその効力を発揮するということです。たとえば医療業界では効果を発揮するが、IT業界では効果がないということはありえません。 それはビジネスの本質やその根源が「人」であるということだからです。 コーチングは「人」に対して効果を発揮するもの。そして人のポテンシャルを高めていくモノだからです。本当にダイヤモンド以上の価値があると思っています。

プロフィール

私たちコーチの間では過去は関係ないという考え方があります。簡単に私のプロフィールを話すと、26才の時に鉄道会社からテレビ業界に転職。ディレクターとして主に生放送番組を手がけてきました。35才の時に日本で最も有名なコーチである苫米地英人博士と出会う。苫米地博士のコーチング理論を勉強しながら、ルー・タイスが確立したTPIEプログラムを受講。その他にNLPなども学ぶ。40才で株式会社ありがとう出版を設立。コーチングの普及活動をはじめる。42才で株式会社コレクティブ・エフィカシーを設立。現在に至る。

青木要

青木要

コーチングについて

私の沢山あるゴールの一部に ・『お互いがお互いを当たり前に認め合う事の出来る世界の創造』 ・『個々の自由と平和が両立された世界』 があります このゴールを達成する為に常に活動をしています。 その為に、人はどう考え、どう行動するのか?に非常に興味を持ち その気持ちを理解するために、認知科学、脳科学、心理学等を学びながら 様々な立場を経験しました。 公務員、会社員、経営者、管理職からホームレスまで また同じ立場でも様々な業種、営業、芸能、広告、サービスなど その数、実に数十種類以上。 今では『マインド百面相』と言う二つ名で呼ばれる程 様々な立場におけるマインドの使い方に精通しています。 私共の取り扱う『元祖コーチング』は 私が15年以上に渡り学んだ様々な学問、多くの経験の中で得た マインドの使い方がシンプルにまとめられた非常に強力なエッセンスです。 このコレクティブエフィカシーでの活動で日本から世界が加速すれば より世界が面白くなると確信しています。 この世界をよりおもしろくクリエイティブに加速させていきましょう。 >コレクティブエフィカシーに対する思い 私は企業は同じゴール(夢)に向かって共に歩む仲間が集まる場だと考えています。 しかし実際はどうでしょう? 今の企業環境はゴールに向かって加速できている状況でしょうか? 私どもコレクティブエフィカシーのコーチはゴールに向かって加速するマインドを作るプロフェッショナルです。 企業のゴールを元に社内環境を改善しマインドを加速させます。 その結果、企業利益、人材育成・採用、商品開発など様々な分野にわたり圧倒的な効果をお約束します。 人一人で出来る事は限界があります。 しかし企業全員が一丸となってゴールへ加速すれば今まで想像もできなかった思いがけないゴールも達成する事ができます。 私達はその企業全員が一丸となってゴールへ加速する環境づくりを本気でサポートいたします。 まさにそれがコレクティブエフィカシー(集団で働くゴール達成の為のマインド)です。 多くの企業が目指す場所は恐らくそこではないでしょうか? 私どもの最先端のコーチングに可能性を感じた方がいましたら是非一緒にゴールへ向かって加速しましょう。 本気で御社のゴール達成を加速させることをお約束いたします。

プロフィール

・苫米地式コーチング 認定コーチ ・パフォーマンスエンハンスメントコーチング(タイス式コーチング) 認定コーチ ・PX2 ファシリテーター >人柄 最高にリラックスしており、人当たりも柔らかく柔軟です。 極度のリラックスによりクライントのIQを高め様々な悩みを自然に解決する事を得意としています。

鳥居卓斗

鳥居卓斗

コーチングについて

会社の売り上げを上げるにはクリエティビティを高めることが最も効果的です。 コーチングとコンサルティングのは未来型思考か過去型思考かの違いがあります。 コンサルティングのやり方は過去の事例を参考にして、適度な高さの目標を設定し過去の事例の中から問題の解決方法を探し出します。 しかし、このやり方では過去に誰も成し遂げたことがないような偉業をなぜ人ができるのか説明がつかないのです。 一方コーチングでは過去の事例ではなく未来にフォーカスして売り上げアップを目指します。 1969年、人類が初めて月の上に立ちました。 この”人類で初めての偉業”は、1961年に故ケネディ大統領の演説からすべてが始まりました。「1960年代の終わりまでに人類を月面に到達させかつ安全に地球に帰還させる」というたった一言が人類を月面へと導いたのです。 もしこのときに過去から逆算をして目標を設定し、月へ行くまでの手段や方法を過去の事例から探そうとしていたら結果はどうだったでしょうか。おそらく人類はいまだに月面に到着できなかったことでしょう。 企業が利益を上げられる点は剰余価値です。 剰余価値を最大化するためには新しいモノやサービスや技術を生み出すことが最も効率がいい。 つまりクリエティビティが発揮できる組織がもっとも多くの利益を上げることができます。 マインドの専門家集団である私たちコーチは社員一人一人がクリエティビティを最大限に発揮できるように導き、剰余価値を最大化することで売り上げのアップへと貢献することを約束します。

プロフィール

名古屋出身 オーストラリアへ留学後、明治より続く通関会社へ就職。 その後、アメリカで最も権威のあるビジネスコーチング、Tice Coachingの認定を受け独立。 王道のパーソナルコーチングだけでなく 「どんな人でも3ヶ月の留学で英語が話せるようになる”英会話ブートキャンププログラム”や 科学的に異性にモテまくる”婚活・お見合いさよならプログラム”などオリジナルプログラムの開発にも務めている。 また、子供向けコーチングへのボランティア活動や、児童福祉施設の貧困問題などにも取り組んでいく予定。

小松範之

小松範之

コーチングについて

準備中

プロフィール

その圧倒的自信の高さから、「エフィカシー・マシーン」の異名をもつ。 クライアントに圧倒的な自信を持たせて、才能を開花させることを得意とする。 2014年、11年間勤務した公務員の仕事を退職。プロコーチとして独立。 全国のビジネスマン・主婦・経営者など幅広い人たちにコーチングを提供。 また、「子育てコーチングセミナー」を無料で定期開催。 これまでに開催地となった中四国・九州エリアでは、子育て世代の母親たちから高い評価を受けている。 取得資格 苫米地式認定コーチ

吉田武志

吉田武志

コーチングについて

準備中

プロフィール

日本電気株式会社・本社 半導体販売事業部・新規市場開拓部門にて幾度も営業表彰を受賞。 その後、便利屋業で独立。ニューヨークに“ぬか漬け”を届ける仕事で現地の新聞取材を受け、国内ではTBS・Nスタ(ニュース)より半日同行取材を受ける。 またリフォーム業も開業。300社の起業家が 集う【起業家アカデミー】にて 優秀賞を受賞。 大手企業から便利屋、そしてリフォーム業を開業しながら、プロコーチになる異色の経歴を持つ。 ●取得資格 苫米地式認定コーチ  

石橋栄志

石橋栄志

コーチングについて

準備中

プロフィール

1981年福岡県北九州市生まれ。 小・中・高校と野球三昧の日々。 高校卒業後単身岡山で柔道整復師と鍼灸師の修業に励む。 岡山にて整骨院の師匠、鍼灸の師匠、人生の師匠に出会う。 その師匠との出会いを通して師匠の考えである「患者さんを笑顔にしよう」、「患者さんの痛みをなくそう」という考えに惚れこみ弟子入りを果たす。 その後、 28歳で「鍼灸・整骨院」 29歳で「不動産管理会社」 32歳で「果物販売会社」「マーケティング会社」 を設立する。 会社や整骨院の設立、経営を通じて、 「会社設立時の社長のマインド」 「人材育成」にコーチング技術が必要だと気付きコーチングを始める。 現在、九州・中四国地区を中心に「東洋医学とコーチングを融合した、心と体にアプローチするコーチング」をおこない、クライアントには会社経営者、プロスポーツ選手、個人事業主など 「九州を盛り上げて世界で戦う人を育てる」べく、日々コーチングと講演活動中。 取得資格 苫米地式認定コーチ タイス式認定コーチ 柔道整復師 鍼灸師

会社概要

コレクティブ・エフィカシーとは、組織全体のエフィカシーが高いという意味。 エフィカシーの高い組織は、常にハイパフォーマンス状態にあります。エフィカシーとはゴールを達成する自己能力の自己評価のことを意味し、コーチはクライアント様のエフィカシーを上げ続ける事に重点を置きます。エフィカシーが高い状態は、自信に満ち溢れ、クリエイティブな発想になります。ゴール達成に向けて自発的に前向きに取り組みます。エフィカシーを高め合う企業風土を持つ組織は、顧客、株主はもちろん、所属する従業員一人一人が最高に豊かで幸せな状態になり、社会に対しても大きな影響を与えるようになっていきます。 弊社では、社名でもあるこの「コレクティブ・エフィカシー」を全てのクライアント様にご提供することを使命にしています。
株式会社 コレクティブ・エフィカシー
事業内容 企業向けコーチング・プログラムの提供、プロコーチ養成スクールの企画運営
代表取締役 内山和久
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア5F
電話番号 03-6666-3137
URL c-efficacy.com

お問い合わせ

会社名 [ご担当者様] (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文